« 認知症病棟のエナジー・フロー | トップページ | 夏のディーリアス »

楽器になった砲弾のこと

先日、平沢進のライブに行った。平沢進という人はYMOと同じ頃に結成されたP-MODELというテクノバンドのオリジナルメンバーで、東南アジア民謡とテクノと教会音楽をいっしょにしたような不思議な音楽をつくっている。

気持ちに喝を入れたいときによく聴くのだが、ライブに行くのは初めてだった。そのライブもCGを駆使したロール・プレイング・ゲームみたいになっていて観客の反応によって進行や結末が変わるという不思議なものだった。

ライブが終わってアンコールの拍手が鳴ると、しばらくして本人が出てきたのだが、「アンコールはしない。ひとつのストーリーが完結したので、その雰囲気をこわしたくない」といい、それから「起立」と号令をかけた。観客がガサガサと立ち上がると、つづいて「まわれ右、解散!」といって、そのままステージをあとにした。観客に迎合しないサービス精神がかえって新鮮であった。

以上、近況報告。ここから話は変わる。


エジプトに暮らしていたとき、ガイドをしていた関係で、サッカラやルクソールにある古代エジプト時代の墓によく入った。墓の内部の壁には、古代エジプトの神々やら、儀式の場面などが極彩色で描かれている。お祭りや儀式の場で、音楽を演奏している楽士たちの姿が描かれていることもある。

演奏に使われている楽器はハープや笛、ギターのような弦楽器、タンバリン、太鼓など。だが、これらの楽器で、どんな音楽を奏でていたのかとなると、よくわからない。古代エジプトの音楽の研究というのはないわけではないのだけれど、なにしろ3000年以上も昔の話で、譜面も残っていない。壁画をもとに楽器を復元し、現代のエジプト民謡などをもとに、当時の音楽を想像してみたCDというのもあるにはある。ただ、何枚か聞いてみたものの、本当にそんな音楽だったのかどうかは疑わしい。

古代エジプトで使われていた楽器の一つにシストラムというのがある。これはいってみればマラカスのようなものだ。握り柄の先に、丸い金属製の輪っかがついていて、そこに張りわたされた針金に金属片が通され、ふりならすとシャンシャンと音をたてる。下の絵で女の人が手にしているものだ。

Sistrum_illust2


ちなみに、前の女性がもっているラッパのようなものはハスの花であって、楽器ではない。また、この女性の頭の上に、もっこり突き出たコブのようなものがあるが、これは固めた香料だとされている。音楽を奏でている女性の頭には、よくこれがのっかっている。下の絵でもそうだ。

3musicians2


頭の上に香をのせておくと、しだいに体温で香が溶けてきて、からだをよい香りで包んでくれるのだと、古代エジプトについての本には書いてある。けれども、頭をかたむけたら、落っこちてきたりはしないのか。溶けてどろどろになった液体が顔に垂れてきたりしないのかとか心配にもなる。ともあれ、彼女たちは楽士であるとともに、生きたアロマポットの役割をも果たしていたわけである。

話がそれたが、このシストラムという楽器は、発掘されたものをカイロ博物館でも見ることができる。

Egyptian_sistrum2

面白いのは、これとほとんど同じ形をした楽器が、いまのエチオピア正教の典礼で使われていることだ。

Sistrum2


坊さんたちは、こぶしの効いた歌をうたいながら、この楽器をふりならす。それを聞いていると、古代エジプトの楽士たちも、こんなふうな歌をうたっていたのかもしれんな、という気もしてくる。

実際、壁画などに残された古代エジプトの宗教儀式とエチオピアに伝わっている典礼の形式には似ているところがあるし、失われたエジプトの伝統がエチオピアで受け継がれていたという見方もないわけではない。

何年か前には、このテーマで藤岡弘探検隊による特番のテレビ番組がつくられたそうだ(「エチオピア奥地3000km! 幻の白ナイル源流地帯!! 古代裸族に人類の原点を見た!!」)。ぼくはこの番組は観ていないのだけど、エチオピア南部の民族文化の研究をしている人類学者のlalombeさんが、それについて手厳しい批評をしている。

lalombeさんの紹介によると、藤岡探検隊は、エチオピア南部のドルゼ族が葬儀の際に楽しそうに踊っていることや、彼らの衣装の中にヒョウ柄のものがあることを発見したという。藤岡隊の推理によると、古代エジプトでも死は喜びであり、またエジプトの神官はヒョウ柄の衣装をまとっていたことから、ドルゼ族は古代エジプト文明を受け継いでいることが裏付けられるということらしい。

探検隊が見つけた「証拠」はほかにもある。エチオピア南部に住むコンソ族のビール作りの様子は、古代エジプトの壁画にあるビールづくりの場面に似ている。また、コンソで行われている養蜂は、古代エジプトでも行われている。このことからも、コンソをはじめ、エチオピア南部に暮らす人びとが、古代エジプト文明を受け継いでいる可能性は高いというわけである。

Konso_1


この結論が学問的に見てどうなのかはlalombeさんのサイトを見てほしいのだが、これで通用するのならば、古代エジプト文明を受け継いでいるのは、インドネシアのバリ島の人びとだといったって説得力がありそうである。

「証拠」だってある。古代エジプトでは、神々の前でたえず香を焚く習慣があったが、バリでも、一日になんども神々にたいして香を焚く。また、エジプトでは死は喜びだったが、バリでも葬式は大々的なお祭りである。また古代エジプトのお供え物は、かならずてんこもりにされている。

Food

バリでも、お供え物をてんこもりにする習慣がある。

Bali


さらに、古代エジプトはすぐれた石造建築の技術と、手先の器用な細かい細工の技術をもっていたが、これもまたバリ島にあてはまる。
問題は、どうやってエジプトの文明がバリに伝播したかだが、これだって古代エジプトがすぐれた航海技術をもっていたことなどを引き合いにすれば、なんとかなりそうだ。ただ、そうなると、バリでなくても、インドでもカンボジアでもよさそうだな。

話はシストラムに戻る。エチオピアを訪れたとき、アディスアベバの店で、このシストラムが売られているのを見つけて、記念に一つ購入した。エジプトの自宅に戻り、しばらくこの楽器を飾っておいたのだが、しばらくして「あれ?」と思った。

Rimg0024


目がとまったのは、その柄の部分である。

Rimg0023

そうなのだ。よく見ればわかるように、これは砲弾の薬莢だったのである。兵器のことはよく知らないが、底部の直径を測ってみると、ちょうど20ミリあった。20ミリというとコブラやF−15の機関砲などに使われているものと同じだ。

エチオピアは1990年代の初めまで、長年にわたる内戦にさらされていた。その後、ぼくが訪れたときにもで、内戦に用いられた戦車の残骸を北部や東部の随所で見かけた。この砲弾もそうした名残なのだろう。それにしても、よりによって宗教儀式で使う楽器の材料に、ひとの命を奪っているかもしれない砲弾の残骸を用いるとは−−。

だが、考えてみれば、人殺しの道具である砲弾が、楽器に作り替えられるというのは、なかなか気が利いているともいえる。なにより戦争にたいする強烈な皮肉ではないか。もちろん、このシストラムを作った人は、地面に散らばっている薬莢を見て、単純に「こいつは使える」と思っただけだと思うが。

しかし、武器の残骸を楽器としてリサイクルするというアイディアをおしすすめれば、スパイスのきいた反戦キャンペーンになりそうだ。たとえば、地雷をつかって太鼓をつくる、自動小銃を改造してギターにする、手榴弾でマラカスをつくる、長さのちがう砲弾の薬莢をならべて鉄琴にする、ミサイルの内部をくりぬいて巨大な管楽器にする。人が歌うのではなく、人の手によってつくられた武器に歌わせるのだ。

なにしろ材料なら世界中に、いくらでも転がっている。それらを集めては、片っ端から楽器に改造する。そして、そんな楽器ばかり集めて反戦コンサートをする。ジョン・レノンが生きていたら、面白がってくれたかもしれないなあ。

 
 
 
 

|
|

« 認知症病棟のエナジー・フロー | トップページ | 夏のディーリアス »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

 この文章、全くそのとおり。世界の最前線の姿のカケラと思う。人殺しのリアリティーがかなり直接想像できる薬きょうの楽器を見て思いました。
 私事でつまらない話だが、ラオスを目指してバンコックからバスに乗った。途中の休息時間でトイレに行こうとして油断してバスの中でゆるめていた靴の紐を自ら踏んで転がった。
 ラオスに着くと、その時、だらしなく不用意で打った膝が腫れ始めていた。差別用語かもしれないがビッコだった。腫れは増すばかりで熱をおびてきた。ルアンプラバンで比較的良いホテルに泊まり問題の膝の対策を練った。
 そのホテルで早朝4時ごろ、世にも美しい音楽旋律を聞いた。自分がもう死んでいて、今聞いている音は天国の音楽か、と思ったほどだ。それはたまたま隣の寺から聞こえてきた早朝の勤行だった。その音、旋律の美しさに、浅ましくテープ・レコーダーを持ってこなかったことを悔やんだほどだ。
 次の日、あの美しい音楽旋律がどこからきたのか知りたくてホテルの隣の寺院に行った。すると、そこには大砲の弾の不発弾がぶらさげられていて、それがあの旋律の基調を支える音を出していたことを知った。
 今でも、あの出来事の音を録りたく思う。寺の年間スケジュールの一つに出合っただけであることは承知しているが、しかしあのような美しい音、旋律を聞いたことは今までなかったように思う。今でも、この東京であの時の音を正しく録りたいためにヨドバシカメラの今では時代遅れのダット・コーナーでそれを買うか買わぬか思案する。
 それはさておき、その時深刻な問題だった膝は全く偶然の出会いで日本の整骨師に会えて、軽いヒビと診断された。市場で会った偶然の出合いの日本の整骨師は私のホテルに膝のテーピング用のテープと、それをどう使うか、の手書きのイラストを残してくれていた。バンコックに発つ、というメッセージがテーピングの説明イラストの最後に残されていた。
 アメリカがあの戦争でラオスを激しく空爆したのは60年代の中頃であったことを現地で聞いて、それを日本に帰ってから確認した。
 

投稿: 小松田堂鐘 | 2006年5月16日 (火) 00時50分

>小松田さん
ラオスの寺の不発弾、このままエッセイになるほどいい話ですね。その響きが痛切に美しかったというのもいいなあ。ルアンプラバンの寺院にまだ、その不発弾はまだのこっているのでしょうか。聞きに行きたい。

投稿: 田中真知 | 2006年5月17日 (水) 13時19分

真知さん、ずーっと更新が止まっているのでひそかに心配です。
どこかお出かけ中でしょうか?
お元気でいるのかなーと思いつつ。
もしかしてルアンプラバーンまで行ってしまったのかなとか……

投稿: 三谷眞紀 | 2006年6月21日 (水) 22時45分

>三谷眞紀さま
すみません、寝てました。
いま起きましたので、週末あたりに更新します。
これから乾布摩擦して、しゃっきりします。

投稿: 田中真知 | 2006年6月23日 (金) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21644/1796416

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器になった砲弾のこと:

« 認知症病棟のエナジー・フロー | トップページ | 夏のディーリアス »