« 「のだめ」のこと | トップページ | 宇宙徘徊流転の旅へ »

ラッキーチェンジ、プリーズ

あっというまに12月である。クリスマス・バージョンに模様替えしてみた。

あいかわらずテレビは映りが悪く、チャンネルによっては白黒でしか写らないところや、雨がざーざー降っているようなところや、ほとんどなにがなんだかわからないところもある。アンテナを動かすと少しよくなったり悪くなったりする。なんだか昔のテレビみたいで、ちょっと懐かしくもある。

仕方なく、比較的映りのいいチャンネルをつけるが、それがたまたまバレーボール中継だった。ふだんとくにスポーツを好んでみるわけではないが、日本が負けているとやはり悔しい。といっても、相手の方が明らかに実力が上の場合、そうかんたんには勝てないのもわかる。でも、なんとかして逆転できないだろうか。控えの選手をいくら投入しても、この点差をひっくりかえし、試合の流れを変えるのは困難だろう。自分のチームを急に強くすることはできないのだ。だとすれば、逆に考えればいいのではないか。つまり、相手チームを弱くすればいいのである。でも、どうやって?

そのとき、ひとつの画期的なアイディアが浮かんだ。選手交替についての新ルールを設けるのだ。ふつう選手交替というと、自チームの選手を替えることである。しかし、これを逆にする。つまり、相手チームの選手を替えられるようにするのだ。しかも、その交替要員には、実力的にほかの選手に比べてかなり劣る人、つまりまったくの素人を投入できるようにするのである。たとえば、野球でヤンキースとの試合であれば、センター松井に替えて、場内整理のおじさんかだれかを、そのポジションに入れる。ただし、彼は交替要員として入ったおじさんは、ヤンキースの一員として真剣にプレーしなくてはならない。

当然、そのおじさんは敵チームから狙われることになるだろう。しかし、そのとてつもないギャップというか、ハンディをほかの選手たちがカバーして勝利をめざす。それこそがプロのチームワークの見せ所というものではないか。

現実の世界はヤンキースでもなければ、オールスターチームでもない。会社ひとつとってみても、かならずそこには使い物にならない社員というのがいるはずだ。だが、そういう、いびつな存在をかかえつつも、そのハンデをカバーして仕事を進めるのが正しいビジネスのありかたではないか。

現実社会では、MFロナウジーニョ、FWロナウジーニョ、DF田中真知、という組み合わせだってありえる。このときDFを無視したり、スポイルしたりしてしまえば、それはいま問題になっている「いじめ」になってしまう。だが、逆にDFをみなでカバーして結果的に勝利できたとすれば、それは観客により大きな感動と笑いをもたらすだろうし、いまの子供たちの教育にも大きな効果が期待できることはいうまでもない。ルールをちょっと変えるだけで、いじめ問題まで解決できてしまうのである。

問題は、この交替の権限を、いつ、どのようにして、何人まで行使できるようにするかである。制限なくルールを行使すると、ヤンキースがあっという間に草野球チームレベルになってしまいかねない。ピッチャー、ランディー・ジョンソンのほかは全員素人というのも、営業的にはまずいだろう。また、ピッチャーが素人というのもまずい。そのあたりを整備する必要がある。

また、どんなときにその権利を行使できるかというのも決めておかなくてはなるまい。クイズ番組だと、アタックチャンスとか、ボーナスタイムといった、唐突にもたらされるご祝儀的な権利が存在するが、これを取り入れるのも一案である。仮にそれを、ラッキーチェンジとでも呼ぼう。野球の実況放送であれば、おっと、ここでラッキーチェンジとなりました。ワンアウト、ランナー1、3塁のこのチャンスで、ははあ、やはりイチローを替えますねえ、イチローに替えて田中真知がバッターボックスに入りますね。これで試合の行方がわからなくなりました……というふうに、試合に不確定の要素を加えるのである。

話変わるが、いまの日本の閉塞感は、所詮なにも変わらないんだというニヒリスティックな諦観が根底にあるせいのようにも思う。しかし、スポーツにこのルールを導入することで、たとえ弱者であっても、大きな試合を動かせるということが世に示される。大量得点差があろうと、実力がどれほどちがっていようと、このルールを導入することで運と采配によって、どんな困難もひっくり返すことができるのだという希望が、国民の心に宿るのではないか。そうすれば、いじめだって、格差社会だって、あるいは人種差別だって民族紛争だって怖れることはない。自由と公平という名の下に、資本主義的な強者の論理がまかりとおっている現代の国際社会にあって、スポーツを変えることによって世界が変わるかもしれない。。。

テレビが映りにくくなって、バレーボールを見ていたことでスポーツばかりか世界を変える案を思いついてしまった。でも、これで本当に変わるんだろうか。。。

|
|

« 「のだめ」のこと | トップページ | 宇宙徘徊流転の旅へ »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「のだめ」のこと | トップページ | 宇宙徘徊流転の旅へ »