« 秋の山で反省 | トップページ | 眠るひと »

『転生』という翻訳本を出しました

転生—古代エジプトから甦った女考古学者


エジプトにいたとき、上エジプトのアビドスの神殿にイギリス人のおばあさんが何十年も暮らしていた、という話を聞いたことがある。人づての噂によると、そのイギリス人女性は自分が古代エジプト人の生まれ変わりだと信じていて、神々の像に供物や香をたいて祈りを捧げていたという。旅行者が来ると古代の巫女のような格好をして、神殿を案内していたらしい。

エジプトに暮らす外国人には変わった人が多いが、この女性も相当に変わっているなと思ったが、本人は10年以上前に亡くなっているらしく、その後は忘れていた。ところが、その後、ルクソールで本屋に寄ったとき、その女性について書かれている本があることを偶然知った。ジョナサン・コットというアメリカの作家の書いた『The Search for Omm Sety』(「オンム・セティを探して」)という本だった。

一読してみると、これが途方もなく面白い。噂を聞くかぎり、妄想にとりつかれた変人くらいにしか思っていなかったのだが、実際はとんでもない。たしかに変わり者ではあったようだが、妄想狂どころか、じつに数奇な人生をたどってきた知性あふれる魅力的な人物だったことを知って、ひたすら驚かされた。不思議なのだけど、それだけではなく、胸に迫るように痛ましさと美しさをもった、人生の深淵を感じさせる希有な話だった。

女性の名はオンム・セティ。たしかに彼女は自分が前世で古代エジプト人だったということを終生にわたって信じていた。また、自分が3000年前のファラオ、セティ1世の愛人であったというヴィジョンを生涯にわたって持ち続けた。しかし、一方でオンム・セティはほぼ半世紀にわたってエジプト考古庁に勤め、そのエジプト学やヒエログリフについての該博な知識はエジプト学者からも高く評価されるほどだった。(注;オンム・セティのことは「旅行人」本誌157号にも書いたのですが、こちらはweb版ということでやや別バージョンの話を書きます)。


現在活躍している中堅のエジプト学者の多くが、オンム・セティを親しい友人として、またすぐれた研究者として尊敬している。つまりオンム・セティは、アカデミックなエジプト学と、前世体験という二つの対照的な世界を同時に矛盾なく生きてきた人物だったのである。

Abydos_3

オンム・セティが、どのようにして古代エジプトの前世を知るようになったのか、そしてその彼女がどのようにエジプト学研究者となって、晩年はアビドスの神殿のそばに暮らすようになったのかは、そのまま映画にでもなりそうなドラマチックな物語である。そのユニークで数奇な人生についてはナショナルジオグラフィックやBBCがドキュメンタリーをつくっているほどである。

彼女の残した日記や友人のエジプト学者らの証言をもとに、「いったいオンム・セティとはだれだったのか」を初めて評伝としてまとめたのが、先ほど挙げたジョナサン・コットの本だった。それがこのたびぼくが翻訳した『転生―古代エジプトから甦った女考古学者』(新潮社)である。

この本はとても不思議な本だ。転生とか生まれ変わりといった、怪しげに見られがちなテーマを扱っていながら、この手の本につきものの胡散臭さがほとんど感じられない。それは著者のコットの関心が、転生体験が真実か否かといったことよりも、そうした個人的な体験を、実人生と絶妙に調和させていった彼女の生き方をていねいに描いていたからだ。

思うに、神秘体験なんてありふれている。私はだれそれの生まれ変わりだ、といった話など珍しくもないし、それが本当かどうかなんてだれにもわかりっこないのだ。むしろ大切なことは、そうした他人にはわからない個人的な内面世界を、いかに本人が実人生の中に織り込んで、豊かなものに成熟させていけるかということではないだろうか。それは、いわば芸術家の仕事にも似ている。オンム・セティの人生は、まさにそうしたものだったように思う。あのオノ・ヨーコが、この本を絶賛していると聞いて、その感をいっそうつよくした。

Vlcsnap1190589
友人のエジプト学者と語らう晩年のオンム・セティ

また、この本ほど古代エジプトがどういう世界だったのか、ということについて生き生きとしたイメージを描かせてくれるものはめずらしい。というのも、多くの場合、古代エジプトというと、どうしてもピラミッドやツタンカーメンの秘宝といった「物」への興味が中心になりがちだからだ。

学問的にそれらのテーマを取り上げたものならば、たくさんある。けれども、古代エジプト人がなにを考えていたのか、彼らの目に空や川や砂漠はどんなふうに映っていたのか、風のそよぎはどう響いたのか、そうした彼らのこまやかな心象世界を、オンム・セティはみずから体験しつつ共感をもって語ることのできるゆいいつのひとだった。古代エジプト人の息遣いや鼓動を、刻々と感じながら、現世を生きていたひとだった。それはときとしてエジプト学者たちが予想しなかった考古学的な発見にも結びついた。だから多くのエジプト学者から彼女は慕われ、敬意を払われていた。

Vlcsnap1190997_2
晩年のオンム・セティ。アビドスのセティ1世神殿の前で。


また、この本では、彼女の転生体験をニュートラルな視点から見つめる著者のアプローチがとてもいい。それはこの本を書いたジョナサン・コットが、いわゆるスピリチュアル系の作家ではなく、「ローリングストーン」誌の編集者出身でグレン・グールドやジョン・レノンやボブ・ディランへのロング・インタビュー本や、ラフカディオ・ハーンの研究書などで知られている芸術家肌の作家であることも大きく関係している。

コットとのメールのやりとりの中で、ぼくは、どうしてグールドやハーンの芸術に深く惹かれてきたあなたが、オンム・セティという一見まったく畑違いの人物に興味を持ったのですか、と訊ねてみた。

コットは返信メールの中で「私にはグールドもハーンも、そしてオンム・セティも自分にとっての本当の故郷を探し求めて旅をしていた人のように思えるのです」と書いてきた。

つづけて彼はこう書いていた。私信ではあるけれど、とても印象的だったので、ここに訳しておく。

「……私が好きなのは、彼らのように地理的な境界、先入観や常識という境界を超えてゆく人なのです。その本質をよく表しているフランスの中世の哲学者サン・ヴィクトルのフーゴーのこんな言葉があります。

『自分の故郷を愛おしむ者は、まだ未熟者である。

どこの土地でも故郷だと思える者は、すでにひとかどの力ある人である。

だが、全世界は異郷のようなものだとする人こそ完璧なのである』

このことをいつも感じるのはグレン・グールドの音楽にふれるときです。幸運なことに、私は数年にわたって電話を通じて、100時間以上もの時間をグールドと共有することができました。グレン・グールドはなみはずれた人物であり、私のヒーローのひとりです」

そんなわけで、もしこの本(『転生』)に興味を持って読んでくださるならば、バックグラウンドにグールドのCDをかけてみてはいかがでしょう。個人的には、バード&ギボンズ作品集や、ブラームスを弾いているやつなどがお薦めであります。

バード&ギボンズ作品集(紙ジャケット仕様)

ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集

はぁ、なんだか長くなって訳者あとがき別バージョンみたいになってしまった。こんなんだから間が空いてしまうんだな。次回は短くいきます。

|
|

« 秋の山で反省 | トップページ | 眠るひと »

「本」カテゴリの記事

コメント

グールドと共に過ごした100時間。「電話」で…ですか。

「転生」さっそく買って読みますね。

投稿: ダ | 2007年11月30日 (金) 14時02分

お仕事の話題、久々でとても、とてもうれしいです。
オンム・セティさんの話は旅行人で読んだ覚えがあるような。
私もさっそく読みます。

投稿: 三谷眞紀 | 2007年11月30日 (金) 21時26分

>ダさま
ありがとうございます。コットのグールドとの100時間電話は「グレン・グールドとの対話」(晶文社)という本になっています。心をひらいた相手にたいしては、とても饒舌になるひとだったようです。

>三谷眞紀さま
わたしも眞紀さんにそういっていただけてうれしいです。彼女の話は「ある夜、ピラミッドで」にも書きましたよ。

投稿: 田中真知 | 2007年12月 1日 (土) 20時39分

 サン・ヴィクトルのフーゴーのこの言葉は、池澤夏樹さんも好んで引用されていますね。表記が「フーゴー」だったり「ユーグ」だったり、訳者によって違うようですが。
 私も、今日は早速本屋に『転生』を探しに行きます。

投稿: 鈴木かおり | 2007年12月 2日 (日) 09時54分

>鈴木かおりさま
フーゴーの言葉、おそらく有名になったのはサイードが『オリエンタリズム』の中で引用してからではないかと思います。
ラテン語原典からの訳は平凡社から出ている中世思想原典集成という分厚いシリーズの中で読めます。それによると、もともとはキリスト教的な文脈の言葉なのですが、かっこいいのでそこだけ抜き出されて引用されることが多いようですね。

投稿: 田中真知 | 2007年12月 2日 (日) 17時40分

拙ブログのほうへ、コメントありがとうございました。
オシリス神殿は独特の空気感のある神殿で、この女性の話を聞いたときに「そういう人がいてもおかしくないだろうなあ」と妙に納得したのを覚えています。
しかし、おっしゃるとおりで、そのような深みのある人物とは想像もしませんでした。
面白そうな本ですね。
機会を見て拙ブログでも紹介させていただきます。

投稿: アリーマ | 2007年12月 4日 (火) 15時16分

きのう、新宿のジュンク堂に行ってきたら、『転生』がいっぱい置いてあった(背表紙だけのふつうの並べ方じゃなくて表紙がちゃんと見える状態で)ので、とてもうれしくなりましたよ!
で、きのう買ったばかりです。
読んだら拙ブログにも紹介書きますね。
しばらくお待ちください。

投稿: 三谷眞紀 | 2007年12月14日 (金) 08時44分

>三谷眞紀さま
ご報告ありがとうございます。
平積みってやつですね。うれしいです。
湿疹はよくなりましたか。

もみじも落ちたようなので、ここも模様替え+更新せねば。

投稿: 田中真知 | 2007年12月14日 (金) 19時12分

一昨日、「転生」を読み検索していたら、ここへたどり着きました。まさか、翻訳者のブログがあるとは思っても見なかったので嬉しく拝見しました。

「転生」は宗教色がなく、オンム・セティとして生きた勇気と知性あふれる女性の生き方として興味深く読み、「前世を記憶する子供たち」に紹介された「子供たち」のその後の人生の成功例かもしれないとも思いました。

セティ1世が語った(本のP140)の他の惑星と思われる世界の記述が仏典の記述に類似していて面白かったです。

投稿: catalina | 2008年1月31日 (木) 11時46分

>catalinaさま
『転生』を読んでいただき、さらにコメントもくださり、ありがとうございます。

>「前世を記憶する子供たち」に紹介された「子供たち」のその後の人生の成功例かもしれないとも思いました。

面白い視点だと思います。転生といった特異な体験を、その後の生き方にどのように位置づけるかは、きっと途方もなくむずかしいことになるのだと思います。
「前世を記憶する……」の中に登場する子供たちの多くは、仏教のような、もともと転生を受け入れる文化の中に育っています。オンム・セティの場合もまた、古代エジプトという元々復活思想のある世界に生きることでバランスをとっていたのでしょう。
セティの話が、同じく転生をみとめている仏教的な世界観に似ているというのも面白いですね。

投稿: 田中真知 | 2008年1月31日 (木) 18時24分

田中様

たった今『転生』を読み終わり、静かな感動に浸っているところです。図書館で借りたのですが、手元にも持っておこうと思います。

田中様の翻訳力・文章力、素晴らしいですね。翻訳にありがちな違和感を一度も感じずに読み終えることが出来ました。使用されている語彙も非常にすんなりと入ってくるものばかり。

ドロシー・イーディについては、彼女がいわゆる非現実的とされる世界にここまで浸りながら、精神病的兆候が一切見られなかったことに、最も驚きました。
心理学には疎いですが、彼女のように深く二つの世界を受け入れつつ精神のバランスを全く崩さない例というものが、そもそも稀有なのではないでしょうか。
自分のことを考えても、もし、それが事実であれ夢であれ、ファラオが物質化して訪れたら、普通に暮らしていくことは出来ないでしょう。
竹のようにしなる柔軟な強い精神を持った驚くべき女性です。

田中様の作品を読むのはこれが初めてでしたが、他の作品も読ませていただきます。

投稿: みちこ | 2008年5月26日 (月) 17時33分

>みちこさま

ご感想ありがとうございます。
文章が読みやすくてよかったです。もうそうだったとすれば、原文が明晰だったおかげも大きいと思います。著者のジョナサン・コットは詩人でもあるので。

みちこさんのおっしゃるように、二つの世界のバランスをとって、しかも精神のバランスを保っているという例は、たしかに少ないでしょうね。バランスは崩さないまでも、教祖みたいになったり、どこかこわばったところが出てしまったりしがちです。

おそらく、彼女がそうならなかったのは、もちまえのユーモア感覚のおかげだったのではないかという気がします。自分を笑えるゆとりというか。

>田中様の作品を読むのはこれが初めてでしたが、他の作品も読ませていただきます。

ありがとうございます。
このブログも例によってまたとどこおっているので、今週中に書きます(きっぱり!)。

あと、6月の下旬に私のエッセイ集の新刊が出ます。デザインもなかなかかっこいいです。内容も悪くないと信じてます。読んでいただけるとうれしいです。
もう少ししたら、タイトル等、このブログで紹介します。

投稿: 田中真知 | 2008年5月27日 (火) 10時21分

今週中に書くんじゃなかったのですか・・・?

出版予定のほうは遅れませんように。
楽しみにしていますから。

投稿: かおり | 2008年6月 3日 (火) 10時49分

はじめまして、田中さま。輝々と申します。
田中さまの訳された『転生』についてブログで紹介させて頂きましたので、その連絡です。

とてもよい本の翻訳をして下さってありがとうございます。神秘的な内容であるのに事実性が高いので、とても参考になりました。

投稿: 輝々 | 2008年7月19日 (土) 16時05分

>輝々さま

ご紹介ありがとうございます。
『転生』でオンム・セティの親友として登場するハニーさんというエジプト人も最近彼女の伝記を出しました。
これも秋頃に翻訳を出す予定なので、よろしくお願いします。

投稿: 田中真知 | 2008年7月22日 (火) 14時35分

田中様  
「転生」とても興味深く読ませていただきました。実は私も転生ではありませんが、似たような経験をしているのでオンム・セティの言う事は信じる事が出来ます。私はカルロ・スカルパという建築家の建築を学ぶ為イタリアで8年暮らしました。もう30年以上昔になりますが、私と他3人のイタリア人と一緒にキャンピングカーを借りてスコットランドを一ヶ月程旅行しました。その中の唯一の女性クレオパトラ(彼女はクレオとよばれていました。)ただイタリア人でクレオパトラという名の女性はほとんど皆無だと思います。その旅行の途中ロンドンで大英博物館に寄りました。ギリシャ彫刻を見たかったからです。しかし感動しませんでした。ところが次のエジプトの間に入ったら見る物見る物全てが素晴らしく全く気が狂ったようにはしゃぎまわってしまいました。しかし博物館を出た後エジプトの間の後ろに何か見忘れたものがあるような気がしてどうしようもなくなりました。それで2日後もう一度大英博物館へ行ったのです。エジプトの間の後には中国の間がありました。中に入ったのですが、大した物はありませんでした。しかし一番奥に弥勒菩薩像が一体ありました。これは素晴らしい仏像だと思ってその前のベンチに座って観察していた時ふっと仏像と目が合ってしまいました。その時その仏像の視線に比べて自分はなんて俗で小さいのだろうという思いがあふれ涙が止まらなくなりました。多分10分以上泣いていたとおもいます。部屋を出るとき日本にいる妻にパンフレットを送ってやろうと、探したのですがありませんでした。しかたなく、写真を撮ろうと、とても恐れ多い気持ちでファインダーを覗いた時、その仏像が怒っているのです。お前はなんて俗なやつだと言っているのです。私は彼に、自分は人間で肉体を持っているのだから仕方がないじゃないですか、と言い返したのです。それでロンドンを発つ日の朝もう一度あの仏像に会いに行きました。しかし
私は彼に、"おまえが私の処にくるのは早すぎる。私の処
に来る前に長い長い道程が必要だ。"といわれたのです。こんな事があったせいかスコットランドでは不思議な事がいっぱい起きました。エジプトに関係する事が次々と起きたのです。オシリスまで現れたのです。(オシリスについてはずっと後になってわかったのですが)その為どうしてもエジプトへ行かなければいけないと思い、その2ヶ月後3週間の団体エジプト旅行に出かけたのです。その最後に着いたのがアビドスのオシリス神殿でした。私はスカルパの建築を学ぶうちに、スカルパの良く使うT形のモチーフが気になって一体なにが原点になっているのかを探していました。そして終にオシリス神の偽扉にそれを見出したのです。私はオシリスの偽扉の真ん中の角柱に掘り込まれている円柱はオシリス神のペニスを現しているのではないかと思います。又通常偽扉は真ん中に柱がある事はなく鳥居のように真ん中を通れるような形をしています。私は鳥居の原点は偽扉なのではないかと思っています。なぜなら、サッカラから出土した木製の偽扉は鳥居とほとんど同じ形をしているからです。又T形も錬金術と関係していると思います。何故ならスカルパはアルケミストだといわれているのです。田中さんの友人でこれらについて詳しい方はおられないでしょうか?とても長い文章になってしまいましたがお許しください。わたしはぜひ知りたいのです。
 

投稿: 伊藤嘉康 | 2015年10月16日 (金) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21644/9177562

この記事へのトラックバック一覧です: 『転生』という翻訳本を出しました:

« 秋の山で反省 | トップページ | 眠るひと »