フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« 孤独な鳥もときには…… | トップページ | 大連のスパへ行きたい »

北京オリンピック予言の書

暑中お見舞い申し上げます。更新が滞っているうちに夏になって北京オリンピックまで始まってしまった。むう。これからはもっとどうでもいい話でも、こまめに書いていこうと思います、といっても説得力ないなあ。
 

オリンピックといえば、2004年に中国に行ったとき、瀋陽の空港の売店で『SHUO RIYU 説日語』というタイトルの日本語・中国語の日常会話集を買った。ぼくは中国語を知らないが、筆談ができればなんとかなると思っていた。しかし、タクシーに乗って「北京国際空港」と書いた紙を見せたら空港とはまるでちがう倉庫みたいなところに連れて行かれ、危うく飛行機に乗り遅れそうになったことがある。


あとで知ったのだが、「空港」という単語は中国語にはないらしい。運転手は「空っぽの港」という意味だと解釈して、閑散とした倉庫みたいな所へ連れていってくれたのかもしれない。
 

これではまずい。中国を歩くのなら、片言でも中国語を覚えなくてはと思い、機内でその会話集を開いた。ところが、二色刷のしゃれた装丁にもかかわらず、中身が偽装されているというか日本語の訳語部分がかなり変である。


まず「常用会話」編の扉だが、「ナミいしこぶぶん」とあり、かっこの中に「わるかついす」とある。これが何を意味しているのか、どうしてこうなるのか考えたのだがわからない。中国語にくわしい方がいたらご教示願えれば幸いである。

Rimg0008_4

たとえば、つぎのイラストの吹き出しの「ぉはょうごずぃます」は「おはようございます」が不正確に転写されたらしいということはわかる。

Rimg0009


ほかにも、「お目にかかれて大真嬉しいです」とか「彼めはどなたなのか教えてほしいごす」というのは、「大変」が「大真」になり、「です」が「ごす」になったのだと推測される。しかし、「わるかついす」はわからない。なんとなく語感からすると、「わかりますか?」と念を押されているような感じもするが、実際はどうなのだろう。


また、さすが経済大国中国というべきか、お金のやりとりに関する例文が多い。


定期預金ほ年利がどのぐらいですか

 
2パセントです

 
暗証番号はいケますか

Rimg0001


いけてる暗証番号というのはどんなのだろう?
 


日本元をドルにバ替たいのですが

Rimg0013

 
日本円のまちがいだろうが、なんとなくそんな時代が来そうな気もして少し怖い。「バ替」とは両替の誤りだろうが響きに、なかなかインパクトがある。


だが、さすが中国と思ったのは、この本にすでに北京オリンピックについての章がもうけられていた点だった。奥付を見ると、この本の発行年は2002年。いまから6年前であり、まだ北京への招致が決まってまもない頃である。にもかかわらず、この本には来るべき北京オリンピックへの期待と夢を先取りした現実的な例文が豊富に取り入れられている。


中国は、輝かしい歴史・文化を持ち、オリンピツク大会を行うことには有意義です
 

北京のオリンピツク公園は、世界一流の環境を持っています
 

北京のオリンピツク公園は、中国のスタイルが濃く、現代風の味わいもたっぷりです
 

北京のオリンピヅク施設は、世界一流です

 
北京のオリンピヅク施設は、まさにハイテク五輪・グリーン五輪・ヒユーマニテイー五輪の精神を表します

Rimg0004

考えてみると、このような例文を、中国語や日本語の初心者がはたして使うのだろうかと疑問も湧く。なにより、不思議なのは、これらの例文を口にしている話し手が誰なのか、文章によって、かなり混乱が見られる点だ。


体育館に来たすべての中国人は、きっとすべての選手に、がんばれと叫ぶでしょう
 

今度の開会式は、最も忘れられないものでありますよう期待します
 

試合は激しくて、見る人をぞくさせました
 

北京オリンピツク開催期の交通がこんはに迸んたのは、全く現代科学技術によるたまものです
 

五輪記録はしばしば更新され、五輪をつなぐ友情は錦に花添えます
 
Rimg0012


「錦に花添える」という古風な表現がいい。これらの話し手は中国人と思われるが、次の例文などの話者はどうやら、日本人のオリンピック選手のようだ。はたして日本人選手でこのテキストを買った人はいるのだろうか。


オリンピック大会にも参加し、ちいしい中国料理も味わて、今回の旅行は、とても楽しいでした

 
 
 
オリンピック村のディナーを食べることができて、ほんとうに恵まれています


 

次などはオリンピック会場で選手の案内する係の人の言葉を想定しているらしい。
 


水泳館への選手は、どうぞこの車にお乗りください 

 

かと思うと、次は、一人でオリンピックを見に北京にやってきたものの、空いた時間に観光をしたいという日本人旅行者を想定したらしい例文である。
 


すみません、私は、独りで故宮へ見学に行きたいんです・が、どいけぼいいですか

Rimg0017


 
この章の最後になると、例文は盛り上がりを見せて、中国国営放送の実況アナウンサーのせりふのようになる。中でも、閉会式を思わせる大団円のシーンは感動的だ。



ろようなそ、各国の五輪選手! ろようなら、試合場の内外で知り合った新しい友人、ふるい友人!
 

北京は、各国選手の友情と情熱をいつまでも忘れられません


北京オリンピシクがあなたの永遠の美しい思い出になるうよ愿,つわクきす


五輪選手よ、道中ごぶじで!
 


Rimg0005


Rimg0022


「ろようなそ」は「さようなら」の誤植なのだろう。「つわクきす」が何を意味しているのかわからないが、迫力のある呪文めいた響きだ。オリンピック招致が決まってわずか一年後にこれだけノリに乗った例文を語学学習書の例文に盛り込んでしまうところに、さすが中国の勢いを感じる。


それにしてもこのオリンピック関連の例文の力の込めように感心して、ふと表紙を見返してはっとした。2002年発行のこの本の表紙の右下に注目! 

 
Rimg0011

 
そう、「鳥の巣」である。鳥の巣といえば、ほかでもない。北京オリンピック会場の愛称だ。しかも、そこに盛られた卵はみな黄金である。これが金メダルの隠喩でなくて何であろう。もちろん、この本が発行されたときには、まだオリンピック会場のデザインは決まっていなかった。

 

ひょっとしてこれは会話学習書の姿を借りた予言の書なのではないか。オリンピックだけでなく、いつか日本の通貨も元になって、ドルをバ替することになるのではないか。そんな夏の夜の夢を見つつ、みなさん、ろようなそ!

 
つわクきす!

 
 

 
〈参考画像〉コメント欄参照

Rimg0001

〈参考画像2〉

Rimg0004

 

« 孤独な鳥もときには…… | トップページ | 大連のスパへ行きたい »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

中国から来ている留学生、それもとびっきり日本語の出来ない留学生が、ごく稀に「機械翻訳した日本語」をそのままレポートとして出してくることがあります。

その日本語にそっくり。


「わるかついす」を機械翻訳すると、

「是不是打破不知不觉做」

それをさらに日本語にすれば、

「打ち破っていつの間にかするのではありませんか」

という日本語になります。

つわクきす、は前の漢字と合わせて「ねがいます」でしょうね。写植職人が日本語を知らないので適当に当てたようですね。心が「わるかついす」になってませんか。

>lalombeさま
「打ち破っていつの間にかするのではありませんか」というのもインパクトのある日本語ですね。面と向かってこんなことをいわれたら、どぎまぎしそうです。でも、どうしてそれが「常用会話」と関係あるのだろう。

>ふちんたおさま
なるほど「愿」は「願」のことで、「願います」だったのですね。なんだか暗号解読みたいです。
でも、心が「わるかついす」というのは、どういうことでしょう。

ちなみに「ろようなそ」の画像にある「しこちじとうせいかつ」の「しこ」は「に」をバラしたものなのでしょうね。ネット用語の「ネ申」のようなものですね。

いやー笑えますねー。
中国のオリンピックにかける並々ならぬ意気込みが、ずいぶん前から現われているのですね。
それにしても、TVでのオリンピック放送なんとかならんものかなー。各局重複無駄が多い、かと思えば全然放映されない種目がある。電波の無駄遣いだ。と見ていて思ってしまったのでした。

>ゴンさま
TVのオリンピック放送、毎度のことですがくりかえしとおなじみのせりふのオンパレードで音を消したくなります。
ストローで鳥の巣を作る変な鳥が出てくるコカコーラのCMは好きですが。

バリに住みはじめた頃、小さな町の夜店で見つけた「インドネシア語・日本語会話」の本を立ち読みしていて、これだ! と宝物でも探しあてたように喜んで買って帰ってきたことがあります。もう、めまいと笑いが同時に襲ってくる愉快な本で、寂しいときやつらいときにはそっとこの会話本のページをめくって気をまぎらせていたものです。重なる引越しで、いつのまにか紛失してしまったけれど、10年を経てもいまだに忘れようのない例文もあります。ときどき思い出しては、ひょっとしたらそうなのかもしれない、とつい口にしてしまうフレーズ。「ライオンはキリンよりもカバです」

>bananaさま
中国語・日本語会話集以外にもあるのですね。
「ライオンはキリンよりもカバです」
はなんとなく納得させられます。
たしかにライオンはどちらかというとキリンよりもカバだという気がします。
そのインドネシア語の原文がなんだったのか気になります。

久しぶりにブログにお邪魔しましたが、脳が混乱して自分の日本語が怪しくなりそうです。

いつも中国を批判している夫にも真知さんのブログを読ませようかしら。

真知さんのブログのコメントも面白いですね。bananaさんの「ライオン~」とっても!可笑しくて、今夜は思い出し笑いをしそうでコワイです。

一応中国語がちょっと読めるものとして。
日本文の下に書いてある漢字の羅列は、日本語の発音を漢字で表わそうとしているものです。
それを見る限り、「願,つわクきす」はな「願っております」と書きたいんですね、これ。漢字で表記しようのない小さい「っ」は「×」と表記され、日本文では「,」になってしまいました。そして、「て」が「つ」に、「お」が「わ」に、「り」が「ク」に、「ま」が「き」に化けたのです。
ちなみに「暗証番号はいケますか」の「ケ」も、「り」の誤記です。字体によっては「り」の上部は曲線でつながっていますから、「ケ」や「ク」に見えるのだと思います。

「ナミいしこぶぶん」と「わるかついす」については、ちょっと頭をひねってみます。面白い問題をもらったという感じです・・・正解があるかどうか知らないけど。

>catalinaさま
脳が混乱しながらも、なんとなくうれしくなるのはなぜなのでしょうね。なかには思わず使ってみたくなるフレーズもあります。たとえば、

好极了
すごいわな
斯高衣哇奈

とか。。。

>かおりさま
なるほど。上の「斯高衣哇奈」も発音を表しているのですね。「っ」が「×」になっているのか。専門的な分析ありがとうございます。でも、そのかおりさんをしても、「ナミいしこぶぶん」と「わるかついす」が謎とは恐るべき「説日語」。

参考になるかどうかわかりませんが、前の章扉の画像をブログ本文の末尾に貼り付けました。「わるかついす」が「わるめしやとう」になっていますが、解読の手がかりになるでしょうか。

はじめまして、お邪魔します。
解読作業に参加させていただきます。

ナミいいちふふん→だいいちぶぶん→第一部分
なみいしこぶぶん→だいにぶぶん→第二部分

かと思われます。中国の書籍ではよく単元を表すパート1やパート2のことを、第一部分、第二部分と表しますので、おそらくそれを日本語でそのまま読んだものではないでしょうか。

わるかついす、わるめしやとうは難解ですね。おそらく「会話」=かいわ=かついす、「名称」=めいしょう=めしやとう、だと類推され、「わる」が「常用」に相当する言葉と思われますが、なぜ「わる」なのかはよく分かりません。「よく使われる」の短縮形でしょうか・・・

>龍猫さま
みごとな解読ありがとうございます!
まるで推理小説のようです。

第一部分、第二部分ですか。
「だ」が細胞分裂して「ナミ」となったのですね。すごい変換だなあ。

わるかついす、わるめしやとうは難解ですね。
「わる」=「常用」の式をどう証明するかがポイントですね。
難解ですが核心(何の?)に近づいている気がして、わくわくします。

関係ないですが、「わるめしやとう」は悪飯屋党という文字をあてたくなります。

「ナミ」が「だ」の分解されたものだということには、前回の書き込み直後に気づき、「だいにぶぶん」であることを早く書きたかったのですが、自前のパソコンを持たないネカフェ利用者(「難民」じゃないのでたまにしか来ない)の私は出遅れました。

残る課題は「わる」ですね。「わる」の核心に迫るのは、確かにわくわくします。

日本にもよくありますよね、「旅行会話」のたぐいで、例文の下にカタカナで外国語の発音を示している本。本気で外国語を学ぼうとする人にとっては邪道だけれど、ビジネスや観光でその国を訪れようとする人には役立つ本。そういう本を利用する人は、カタカナを懸命に読むけれど、その上に書いてある外国語の綴りが正しいかどうかなんて、わからないし、わかる必要もない。

この「常用会話」も、編纂した人たちはもちろん日本語を熟知しているのだろうけど、きっと印刷屋さんが、見慣れない文字をつきつけられて音をあげてしまい、校正もこれが限界だったのかな・・・などと、結構よくできている日本語の音写部分を見ながら思っています。
ひとまず、薩要ー那拉。

17日の独立記念日以来、電話が不通になってしまい今朝ようやく局の作業員がやってきて千切れた電話線をつないでくれました。質問の回答が遅くなりましたが、原意は「ライオンはキリンよりも強い」です。カバという語には「強い」という意味があったんですねぇ・・・。
「さすがに中国はカバだねぇ」とか「アメリカだってカバよ」といったふうに論評できるわけです。ちなみにインドネシアではオリンピックはちっとも盛り上がっていないけど、バドミントンではダブルスとシングルあわせて金・銀・銅を獲得した、とTVニュースで報道されていた。「インドネシアだって、バドミントンはカバさ」と大声で言ってみたい。

>かおりさま
そうでしたか。
ヒエログリフの解読でもシャンポリオンともう一人の言語学者の間で解読競争があったそうです。そんなおおげさなものではないか。
「わる」の解読を期待しています。
「結構よくできている日本語の音写部分」
そうでしたか。てっきりこの本自体が適当なものだと思っていましたが、そうではなかったのですね。

>bananaさま
「カバ」は強いという意味だったとは知りませんでした。
するってえと、逆にして「バカ」は弱いという意味になりそうな。
でも、これはあまり使えないな。

「わる」は「ふつう」かもしれませんね。
日本語表記の混乱は、たぶん、手書きの日本語をスキャナで読み取って文字変換するプログラムでも通したのだろうと思います。そうでもなければ、「両替」が「バ替」になるはずはない。
つまり、手書き原稿で「ふつ」がくっついて書かれていたので「わ」と読み取られ、「う」が「る」になったのでは?
札付きの「わる」が「ふつう」になってしまうのは、なんだか淋しい気もしますけどね。

>かおりさま
ありがとうございます。
「わる」は「ふつう」ですか。
「ふ+つ=わ」というのは、なかなかすごい公式ですね。
でも、知らない文字を初めて見たとき、すぐにはそれぞれの字を区別できないように、ひらがなを知らない人には、こう見えるのかもしれませんね。奥が深い。

参考までに、本文の最後にまた画像を一つ加えました。
オリンピック編の最後の言葉です。
これも謎の言葉ですが、もし時間があれば解読お願いできますか。
(その上の「じしまんご」というのも気になりますが……)

すっかり目が慣れてしまって、一体どこがわからないのか、わかりませんわ。
「じしまんご」だなんて・・・「にほんご」としか読めませんことよ。
「立ち去る五輪選手よ、北京での再開を!」
の後に、「たちさる」の音写である「大几撒炉」が入ってしまったことくらい、気にするほどのことでもございませんでしょ?

まあ、ここでは呑気に楽しませていただいてますが、実はアフガニスタンのニュースが結構ショックでした。よければ私のブログも覗いてみてください。
http://biwatoumi.cocolog-nifty.com/blog/

>かおりさま
「じしまんご」=「にほんご」!
ああ、そうか。
そこに瞬時に気づくあたりに語学の才のちがいが出るのでしょうか。

「人事を尽くして天命を待つこと」読みました。
中村医師はそんなことを話していたのですか。
立場はまったくちがうのですが、以前、友人の写真家が共通の友人の結婚式の席で、けっして倒れそうもない木でも台風で一日にして倒れてしまうことがある、人間の人生もそういうものだと思う、といったことがありました。
それは生きることの空しさを話していたのではなく、そうだからこそ、未来にしばられることなんかないのだ、という意味でした。
彼の言葉がそのあとずっと耳に残っていたのですが、かおりさんの文章を読んで、そのことを思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤独な鳥もときには…… | トップページ | 大連のスパへ行きたい »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ