« オンム・セティの翻訳本第二弾 | トップページ | 定額給付金による補填+王道進行の話 »

似ているような似てないような

久々に音楽の話題。このページの左下の方に昔つくった音楽の一部がリンクされている。先日、それを聞いたある人から、この「On the Road」というCDに入っている「East Wind」という曲、一青窈の「かざぐるま」によく似ているのだけど、といわれた。


ちなみに一青窈というアーティストがいることは知っていたが、「ひととよう」と読むとは思わずずっと「いっせいとう」だと思っていた。しかも、女性だと知る前は、一風堂(古い……)みたいなバンドだろうとなんとなく思っていた。


それはさておき、さっそくYouTubeで検索してみた。


これがEast Windで、以下が「かざぐるま」(作曲:武部聡志)である。よかったら聞き比べてみてほしい。


サビの展開はぜんぜんちがうし、なにより楽曲のクオリティだって比較にならないのだが、たしかにくらべてみると、最初の2コーラスくらいは似ている気もする。


かざぐるまの方があと(2005年)に出たものなので、ぼくが真似したわけではないし、もちろんその逆もないだろう。実際、これほどたくさんの曲が作られているのだから、似てくることだってあるだろう。


けれども、いったい、どのくらい似ていると、それが問題と見なされるのだろう。仮に自分がプロの音楽家で、この曲を人目に触れるかたちで正式に発表していたとしたら問題になりうるのだろうか。


そこでプロの音楽家に聞いてみた。陶山隼(すやま・じゅん)さんという方で、数年前、彼からコンピューターを使ったデジタル音楽機材の使い方を教えてもらっていたことがある。もっとも、ていねいに教えてもらっても、頭がついていかず、つくづく自分にその手の才能がないことを思い知った。なんでこの手の機材は家電みたいに操作がかんたんにならないのだろう。
 

当時彼はバイク便の仕事などしながらがんばっていたが、いまや柴咲コウとか川嶋あいとかBoAとか関ジャニ?とかに楽曲を提供している売れっ子である。いまやっている上戸彩の出ているオロナミンCのCMで、青山テルマがうたっているのも彼の曲である。


で、その陶山さんに聞いてもらったところ、「まちさん、これは明らかにそっくりです。訴訟すれば100パーセント勝てます!」ということはまったくなく、「音源を聞いた感じでは似ているように感じましたが、分析してみると完全に同じラインになる部分が一小節ちょっとあるとはいえ〈似て非なるもの〉というのが私の見解です」とのひじょうに冷静な分析をしてくれた。ほっとしたというか、ちょっとがっかりしたというか。


彼は、わざわざ二つの曲を譜面に起こしてまでくれた。

Hikaku_3

陶山さんによると「音楽には文化的背景を含めた〈気持ちいい展開〉という暗黙のルールが存在し、同じようなメロディー展開をする楽曲はこの世に数多に存在します……コードに捕われずにメロディーに執着すればきっと同じコード進行の曲を耳にした時にも『あ!』とは思っても、逆に『同じ感性を持った人が居た』と喜べるはずです」という。なるほど。


今回のような展開のパターンで、彼がすぐ連想したのは久石譲の「塚森の大樹」という曲だという。「となりのトトロ」の中に出てくる曲である。ここなどで聞くことができる。なるほど。ちなみに、「かざぐるま」という曲は藤沢周平原作の「蝉しぐれ」という映画のイメージソングだったという。East Windもなんかのイメージソングで使ってくれないかな。陶山さん、お忙しいところありがとうございました。
 


ひとりギャンブル記:

負けてしまった。更新が一日遅れ所持金ゼロに逆戻り。プレッシャを高めるために一週間以内の更新にどーんと1万円を張ることにする。


|
|

« オンム・セティの翻訳本第二弾 | トップページ | 定額給付金による補填+王道進行の話 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽の仕組みのことはよくわからないのですが、「別れても好きな人」がラテン音楽(風)だったことは最近まで知りませんでした。

ロス・インディオスという日本のラテン&歌謡バンドが作曲なんだそうです。だからこんなことができるのでしょうか?↓

http://it.youtube.com/watch?v=Y7KdLg_WUB4

投稿: ダ | 2008年10月31日 (金) 15時13分

>ダさま

別れても好きな人、ですか。
なるほど。
あとクールファイブなんかもラテンですね。
そしてひとつがうーまれー、という歌なんかそうですね。
lalombeさんによると「篤姫」のテーマソングはサルサになるそうです。

投稿: 田中真知 | 2008年10月31日 (金) 19時31分

いま、チューリップに夢中なんです。
途中でリズムが変わったり、変調したりするのがインド音楽っぽくて、
30年も前から?チューリップってそんなバンドだっけ?とフシギだったんですが、最近ようやく気がつきました、
インド音楽の影響をうけたビートルズの影響をうけていたのだと。
音楽の伝承とはこのように起こるんですね、ちょっと感動。

投稿: minaxi | 2008年10月31日 (金) 21時27分

エチオピアに行きました。
ゴンダールからラリベラへ向かう飛行機でゲタチョと出会い(その二日前にアディスの空港で出会っていたらしいですが)、その日、偶然、数回行く先々で再会し、彼のホテルでのディナーにご招待してもらい…「日本に帰ったら、真知にホテルが完成した。と伝えてね」と伝言を預かりました。
完成とは言え、まだ、お庭等々、完全には出来上がってませんでしたが、眺めは素晴らしかったです!
日本に戻ってからも、ゲタチョと連絡を取り合ってますが、真知さんは、彼と連絡は取り合っていらっしゃいますか?

投稿: yukari | 2008年11月 4日 (火) 00時18分

lalombeです。

 メロディーはどうあれ、コード進行はかなり「型」が決まってますから、様々な曲は似るのは仕方ないですね。
 サザンの「TSUNAMI」のカラオケを流しながら「わたしのぉーおはかのぉーまーえでぇー」と歌い始めるとかなりのところまでピッタリいけますし、「津軽海峡冬景色」のカラオケでガッチャマンのテーマを歌うことも可能です。
 日本のムード歌謡はラテンの影響をかなり受けてます。

投稿: lalombe | 2008年11月 4日 (火) 02時11分

>minaxi さま
チューリップ、なつかしいですね。
もともとチューリップは財津和夫さんがビートルズにあこがれて結成したと聞いたことがあります。実際、ポールのつくりそうなメロディーラインの曲が多いですね。

>yukariさま
わざわざお知らせ下さり、ありがとうございます。そうですか。ゲタチョのホテルに行かれたのですか。ぼくは建設途中に行ったのですが、ロケーションがすばらしかった。
彼とはたまにメールのやりとりはあります。ラリベラに行く人がいればぜひ紹介したいので、ウェブサイトをはやくつくれといったのですが。
ラリベラの老舗ホテルはほとんど死んでいるので、ゲタチョのホテル(たしかMountain View Hotel)が知られるようになればと思っています。
またメールを出してみます。yukariさん、ありがとう。

>lalombeさま
そっかあ、ムード歌謡はラテンの影響を受けているのですね。
よこはまっ、たそっがれ、とかもそうですね。
以前、左手でクラシック、右手で演歌のメロディーを弾くピアニストをテレビで見ましたが、クラシックも中には演歌を思わせる進行のものがありますね。
篤姫サルサ、どこかにあげてください。
ここにあげたいのですが最近、1ファイルの容量の上限がなぜかたった1MBに制限されてしまいました。

投稿: 田中真知 | 2008年11月 4日 (火) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンム・セティの翻訳本第二弾 | トップページ | 定額給付金による補填+王道進行の話 »