« 横谷宣写真展 「黙想録」 のお知らせ | トップページ | 横谷宣×飯沢耕太郎ギャラリートークより »

Sさんの日記より

おくればせながら、年が明けました。おめでとうございます。

2009_new_year


さて、年末に告知したヨコタニさんの写真展が開催中である。なるべく多くの方に知ってもらいたいのでミクシーにも告知を出してみた。ミクシーは入っていたものの、ほとんどほったらかしだった。でも、書き込みのために、これを機に、コミュニティというのにも入ってみた。

 

見ていらっしゃる方というのはいるものだ。自分の書いた告知ではなかったのだけど、そのあと「美術館・博物館 展示情報」 を見たSさんという方の日記の中で、ヨコタニさんについて書かれた文章を見つけた。

 

それはヨコタニさんがカメラマンのアシスタントをやめて旅立ったあとの話だ。とてもすてきな話だった。

 

写真を見るうえで言葉はよけいだといえば、たしかにそのとおりだ。写真を撮ったのが、どういう人かというのも、どうでもいいことかもしれない。けれども、こういう人だからこそ、あのような作品を撮れたというのも、またひとつの真実ではないかとも思うのだ。

 

Sさんの許可を得て、文面の一部を以下に転載させていただく。

 


横谷 宣さんに初めて会ったのは、もう15年も前の事になるかな〜


僕が昔、カメラマンのK氏の専属アシスタントをしていた時に、
K氏から横谷っていうヘンなやつがいてね〜
でも、あいつが撮る写真はすごいんだ!
ある日突然パリに行っちゃって、
パリで撮影があった時にアシストしてもらったことがあったけど、
その後、どこへ行ったか分からなくなっちゃったんだ...
って言っていた。


そんなある日、K氏のスタジオのインタホーンが鳴って出てみると、
汚いかっこうに、布製のリュックを背負った短髪の男性が立っていた。


その男性は自分のことを説明しきれずにどうしようかな?って状況の時に、
何かを感じたK氏は慌ててドアから走り出てきた。


「横谷!!心配していたんだぞ!!!」
と、K氏はそのまま泣き崩れるように横谷さんと抱き合った。


横谷さんはパリからヒッチハイクをしながら東京まで戻ってきた。
でも途中でエジプトのピラミッドを撮影している時に、
どうしてもパリに一旦戻らなくちゃならなくて、
仕方なく飛行機でパリへ戻り、用事を済ませ、
飛行機で同じポイントまで戻り、
そこからまた撮影をしながら、
日本まで戻ってきたというんだ。


住む所も、お金もない横谷さんは
しばらくKさんのスタジオに住んでいた。
アルバイトをしながら、K氏のスタジオで、撮りためたフィルムを現像したり、プリントをしたり。


そうやって何ヶ月スタジオに寝泊りしていたかな〜


その間にいろんな話を聞いたな〜


Sさんも1回バックパッカーで世界を回った方がいいよ。
お金もそんなにかかんないよ。
でも人生観、価値観は変わるよ。
って言われたけど...
(僕は怖くてそんなこと出来なかったなぁ...)


そんな話をしながら、横谷さんの写真を見せてもらった。


初めて見せてもらったときは、正直、言葉が出てこなかった。


こんな写真見たこともないんだ。
とてつもなくすばらしいんだ。
素晴らしい!以外のなにものでもなくて、
それ以上言葉にできないんだ。


そんな素晴らしいモノクロの写真を見せてくれながら
横谷さんはこんな事を言っていたなぁ〜


「僕にはお金も、守るものも、本当に何もないんだ。
 あるのはこの作品たちだけ。
 この作品たちが俺の財産かなぁ〜」って。


そんな作品たちを是非観てください。


僕が知っている作品たちがあるかどうかはわかりません。


でも、知らない作品だったとしても、
たぶんとてつもなく素晴らしいと思います。


たぶん観たことのない写真だと思います。


やっと、あれらの作品がたくさんの方々に観てもらえる機会が出来て本当にうれしいかも。

 

 

|
|

« 横谷宣写真展 「黙想録」 のお知らせ | トップページ | 横谷宣×飯沢耕太郎ギャラリートークより »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

ミクシィは侮れませんですよ〜。

・・・というのは、友達のミク日記にもヨコタニさんの展示会の紹介がされており、「なんで知ってるんだろう?」と思ったら、バリ島の成瀬さん経由で真知さんからメールが・・と。

成瀬さんのバリ島のアトリエ(というか作業所)には
私もおじゃましたことがあり。

どこでどう繋がってるかわからないものですね〜。

ところで、写真展、観に行きました。
堪能いたしましたです。

トークショーも聞きに行きたいです。

投稿: おーもり | 2009年1月15日 (木) 14時19分

>おーもりさま

ありゃ、そーだったんですか。
ちなみに、ミクシーではなく、ミクシィなんですね。
セクシー部長じゃなくて、セクスィー部長、みたいなもんですね。

ナルセさんのアトリエにも行かれていたとは、いろいろもつながっていますね。
写真展、たのしんでいただけたようでよかったです。
トークショーもお楽しみに。

投稿: 田中真知 | 2009年1月15日 (木) 16時58分

こんなところに書くのも何ですが、
「そのあと「美術館・博物館 展示情報」 を見たSさんという方の日記の中で、ヨコタニさんについて書かれた文章を見つけた。」
とありますが、そういうのはどういうふうに見られるものなんですか。私にはミクシィというのは複雑怪奇でさっぱりわからない。いや、まあいいんですけど。

横谷さんの写真展は、けっこう盛況なようで何よりです。おーもりさん、トークショーでお会いしましょう。

投稿: 某編集長 | 2009年1月15日 (木) 18時33分

>某編集長さま
そう、複雑怪奇なので、ぼくもこれまで避けていました。
日記の検索法は、最近知りました。右上の検索窓の左の選択肢を「日記」にあわせて、キーワードを入れます。すると、そのキーワードにふれた最近の日記がダーッと出てきますよ。


投稿: 田中真知 | 2009年1月15日 (木) 18時50分

ご教授ありがとうございました。やってみたら簡単にできました。横谷さんつながりで真知さんの本を買ってくれる人もでてきたりして、ありがたい話です。

投稿: 某編集長 | 2009年1月15日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横谷宣写真展 「黙想録」 のお知らせ | トップページ | 横谷宣×飯沢耕太郎ギャラリートークより »