フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« 横谷 宣と語る会 報告 | トップページ | 桜の花咲いて、野町さんの写真を見る »

横谷宣展満了御礼+オンム・セティ「ふしぎ発見」登場!

今回は話題が二つです。
 

まず、本ブログでもお伝えしてきた横谷宣写真展「黙想録」が、2月28日、ぶじ満了いたしました。最終日の夕方に行ったのですが、切れ目なく人が入っていました。口コミなどで情報が広がったようで、来場者数の多さもギャラリー始まって以来だったようです。

 
正直、これほどの反響があるとは、ぼくも、ギャラリーの方も、飯沢耕太郎さんも、もちろん横谷さん本人もまったく予想していませんでした。紹介者として、とてもうれしく思います。ギャラリーに足を運んでくださった方、作品を買ってくださった方、感想やアドバイスを下さった方、ほんとうに、ありがとうございました。


未発表の作品も、どうもまだあるようなので、できれば来年、また展覧会を開催できればと思います。写真集がほしいというご意見もかなりいただきました。いまの時代、なかなかむずかしいとは思いますが、可能性をさぐっていきたいと思います。ミクシー(じゃなくてミクスィー)に横谷宣コミュニティをつくったので、新しい情報などは、そちらのほうで折にふれてあげていきたいと思いますので、ご興味のある方はのぞいてみてください。

Pict0016
2/28のギャラリー地下

 


ところで、話はがらりと変わります。こんどの土曜日夜(3月7日)の「世界ふしぎ発見」(TBS夜9時)という番組に、このブログでもなんどか紹介したオンム・セティが取り上げられます。

 
現在のエジプト考古学界のトップ、ザヒ・ハワス博士も一目置いていたエジプト考古学者オンム・セティは、みずからを古代エジプトの巫女の生まれ変わりと信じていた変わり者でしたが、この数年、彼女が30年前に予言していた場所から、実際に重要な墓の手がかりが見つかっています。そのことをテーマにした番組です。

Photo_2
アビドスのオンム・セティ photo: Maurine Tracey
 

オンム・セティの生涯については『転生』(新潮社)と『転生者オンム・セティと古代エジプトの謎』(学研)にくわしいですが、映像で観る機会ができてうれしく思います。オンム・セティの親友として彼女をサポートしつづけたエジプト人、ハニー・エル・ゼイニさん(90歳)のインタビューが見られるだけでも、ぼくには感動的でした。ザヒ・ハワス博士、吉村作治さんも登場。本を読まれた方も、そうでない方も、ぜひ見てみてください。いわゆるスピリチュアル系の話とは、まったく対照的な話だということがわかっていただけると思います。
 

なお、文筆家の大竹昭子さんが、昨年翻訳した『転生者オンム・セティと古代エジプトの謎』(学研)のブックレビューを書いてくださいました。


観客にまじって収録にも立ち会いました。小林麻耶アナウンサーがかわいかった。。。


 


« 横谷 宣と語る会 報告 | トップページ | 桜の花咲いて、野町さんの写真を見る »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
写真展、素晴らしかったです。

上の最終日の写真に自分が写っていて、何となくうれしくなりました~

来年もまたやるようでしたら必ず行きます。

>mustakbilさま

ありがとうございます。あのときいらっしゃったのですね。
最終日はずっと人の入りが絶えませんでした。写真を見ている方たちの表情がとてもよかったのも印象的でした。
なんとか来年もできるといいですね。そのときはまたここでも告知いたします。

こんにちは、田中真知さん。
以前もこちらでテルテルというHNでコメントをしたものです。

今夜の放送に合わせ、再度訳書とオンム・セティさんの紹介をブログでさせて頂きました。田中さんのブログから画像も(勝手に)お借りしました。

もしまずかったら、コメントでも構わないので、よろしくお願い致します。

> Teru Sunさん
紹介してくださりありがとうございます。
番組を楽しんでいただければと思います。

オンム・セティについて初めて、今日不思議発見で見たのですが、強烈な感動を受けました。三千年もの年月を経て巡り会ったなんて、どこか佛教とも共通感があり、不思議すぎます。本当は宗教の垣根などなく、人の営みは永遠のものなんでしょうね。
セティの話を聞いていると何故か涙がでました。

WBC大勝のあとで、録画してあった「世界不思議発見」を見ました。もちろん真知さんが観客席で拍手している姿も拝見しました。でも、うちのテレビはアナログなので、ああ、あれが真知さんだなとわかる程度でしたが、今どきのハイビジョンだったら、しっかり認識できたかもなあ。

>アミさま
見ていただき、ありがとうございました。オンム・セティの人生からは、いろんなことを考えさせられます。テレビ番組という制約上、どうしてもかなり端折られていたので、よかったら本もごらんになってみてくださいね。

>編集長さま
WBCとしっかりバッティングしていましたね。デジタルでもたいして見えませんでしたよ。まあ見えなくてもかまわないのですが。

昨夜私も「世界不思議発見」を拝見しました。
ハニー・エル・ゼイニさんのインタビューも興味深かったです。オンム・セティの日記に記されたヵ所から遺跡が発見できるか・・・今後の発掘についてのニュースが楽しみです。真知さんの翻訳本もきっと又売れますね。

目を皿のようにして、1時間ばんどうさんの隣を見つめていました。
遠目でしたが、にこやかな笑顔で拍手をしていらっしゃったような・・。

ハニーさんのインタビューが見れたのは、まちさんから前に伺ったお話とあわせて、感動でした!!

>catalinaさま
お久しぶりです。そうですね。発掘の結果が楽しみです。あの場所を見つけたのはイギリス人考古学者だったのですが、いろいろあってテレビに出ていたザヒ・ハワス氏が発掘を指揮することになりました。

>ゆうこさま
そうですか。ありがとうございます。ハニーさんは90歳なんだけど、かくしゃくとしていましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横谷 宣と語る会 報告 | トップページ | 桜の花咲いて、野町さんの写真を見る »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ