« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5)

前回のあらすじ

おおきなみずたまりのむこうに「なつ」をさがしにいったあひるさん。けれども、もりには、なかなか「なつ」がやってこない。「なつ」ってどんなものだろう。たのしみにしていたかっぱくんだったが・・・。


 
Rimg0020_2


あめのひは みどりが よみがえる


 
 
 
 
 
 

Rimg0038

 
はっぱの うえで あまつぶが きらきら ひかってる


 
 
 
 

 
 


Rimg0037


つぶつぶの ひとつ ひとつに もりが うつってる

 
 
 
 
 


 
 

Rimg0015

あまつぶの かず だけ もりが できる

 
 
 
 
 
 
 
 
 


Rimg0044


あ だれか あまやどり してる


 
 
 
 
 

 
 

 
Rimg0046

だれだろう


 
 

 
 

 
 
 
 

Rimg0024


あめは きらい じゃないけど・・・


 
 
 
 
 
 


 

Rimg0062

ずっと あめが ふりつづけて

 
 
 

 
 
 
 
 
 

Rimg0052


みずたまりが たくさん できて


 
 
 
 

 
 
 
Rimg0013

 
 
それが どんどん おおきくなって
 
 
 
 
 

 

 
P1010063_1

 
すごく おおきな みずたまりに なったら どうしよう
 
 
 
 
 

 
 
 

 


Rimg0063

もりが しずんじゃったら いやだなあ・・・


 
 
 
 
 

 
 
 
 
Rimg0023


おや きに あなが あいている


 
 
 
 
 

 
 
 
Rimg0025


あっ すいこまれる・・・

 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg00291


なにも みえない
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 Rimg0056

 ・・・・・・


 
 
 
 
 
 
 
 


 


Rimg0081


きがつくと みたことも ない ふしぎな ばしょに いた

 
 
 
 
 
 

Rimg0129


ここは どこだろう


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0101

このみちは どこに つながっているんだろう

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

Rimg0044_2


かべの ひとに きいても こたえてくれない

 
 
 
 
 
 

 
 
 


Rimg0073

なんだか こわいなあ


 
 
 
 
 
 

Rimg0118


みんな へんな かっこう しているし・・・
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 


 
Rimg0130


わけ わかんないや・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0095

かいぶつが でてきたら いやだなあ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Pict0218


こんなのが でてきたら どうしよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

Rimg0088

あっ あれは・・・

 
 
 
 
 
 

 
 
 

Rimg0086


「あひるさん!」

「やあ かっぱくん よく きたね」

 
 
 
 
 


 
 
 

Rimg0048


「ここは いったい どこ?」

「なつのくにへむかう とんねるの なか だよ」

「えっ ここが?」

「そうだよ いま でぐちを さがしていたところさ」


 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0112


「でぐちは どこなの?」

「かべの えを みれば わかるよ」

「あひるさん わかるの?」

「えで かいてあるから かんたんだよ」

 
 
 
 


 
 
 

 

Rimg0035


「なんて かいてあるの?」

「こっちに はなやさんが あるってさ」


 
 
 
 
 
 

 
 
 
Rimg0032


「これは?」

「このさき へびが でるから めを あけておくようにってさ」

「へびは こわいなあ」


 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0021

「しんぱい いらないさ ここに へびは つかまえたって かいてあるから」

「よかった・・・」

 
 
 
 
 

 
 


Rimg0072


「ひかりが さしている でぐちは ちかいぞ!」


 
 
 
 
 

 
 
 

Pict0022


「ほら そとに でたよ」

「ここが なつのくに なんだね」

「そうさ なつのくにさ」


 
 
 
 

 
 
 
 
Pict0002a


「ここが なつのくにの みずたまりだよ」

「なつのくににも みずたまりが あるんだね」


 
 
 
 
 
 
 
 
Pict0010

「あひるさん これから なつを さがすの?」

「うん でも きょうは もう ひが くれるから それは あしただ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Pict0026


 

「すこし ゆうがたの おさんぽを しよう」
 
「あひるさん これは なに?」

「こまいぬ ってやつさ」


 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0059

「おおきな いしの はしらだね」

「これは きの かせきだよ ここは まえは もりだったのさ」


 
 
 

 
 
 
 
 
Pict0056


「もり?」

「そうだよ あめが ふらないから かせきに なっちゃったんだ」

「あめって だいじ なんだね」
 
 
 
 

 
 
 
 
 
Pict0042


「この ひとは だれ?」

「もりの きょじん さ」

「おおきくて こわいなあ」

「かせきだから だいじょうぶ でも みずを かけないようにね よみがえっちゃうから」

 
 
 


 
 
 
Pict0031


 
 
 
「この きょじん すわってるよ」

「すわったまま かせきに なっちゃったのさ」

「かせきで よかった」
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0042


「くらくなってきたから そろそろ やすもう」

「あしたは なつを さがすんだね」
 
 

 
 
 
 
 
 

 

Rimg0058

「あ あひるさん おつきさま だよ!」

「やあ ほんとだ」

 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg00621


「あの おつきさまと ぼくの もりで みる おつきさまは おなじ なのかなあ」

「うーん どうかなあ」


 
 

 
 
 
 
 

 
Rimg00881


おなじ だったら いいな・・・


 
 
 

 


なつの まひるの ゆめ 後編 (かっぱとあひる 6)につづく>


 
 
 
 
 
 

| | コメント (6)
|

ハルツームのスーパーにて

エジプト、スーダンより帰国。スーダンには暑い季節、酷暑の季節、猛暑の季節、極暑の季節があるといわれ、今回初めて極暑の季節に、この地を訪れた。なにしろ20年ぶりのスーダンなので、あれも見たい、これも見たいと昂揚していたのだけれど、空港を一歩出ると、あまりの暑さに、すべてのやる気が、みるみるしぼんでいくような脱力感におそわれた。


乾燥しているので熱帯雨林のような重たさは感じないが、からだの四方、そして頭上にと、あわせて5台のストーブを背負って歩いている気分だった。それでも現地の人の話では、今年は暑さが厳しくないほうだという。やはりスーダンは暑い季節、せめて酷暑の季節に訪れるべきだ。


20年ぶりということもあって、訪れるにあたってはいろいろ感慨もあった。とくに昔、しばらく滞在して、個人的にとてもいい思い出のあるダルフールが、悲劇的な内紛と殺戮の地として報じられるようになってしまったことへの葛藤もある。だが、今回スーダンにいってみようと発作的に思ったのは、ネット等を通じて得られるヴァーチャルな情報から見えてくるこの国の姿が、自分がなんどか旅し、経験したかつてのスーダンと結びつかなくなってきたことへのいらだちだった。


ヴァーチャルな情報というのは、どこか二次元的だ。自分の中で三次元的に置き換えないと、どうもリアリティが湧かない。それはちょうど地上から星座を見ているのに似ている。地上から見ると隣同士のように見える星同士でも、三次元的に見ると、とても離れているように。情報を立体感をもって感じるには、やはりどこかで身体化というか、歩いたり、嗅いだり、なめたりすることも大切だと思う。

 

で、スーダンだけれど、近年のグローバル化や中国やアラブ諸国の投資マネーのおかげで、首都ハルツームの建設ラッシュぶりは聞いていたが、実際に目にしてやはり驚いた。以前のハルツームはといえば、砂漠の中にうち捨てられた廃墟のような、滅びの街といった印象だったし、商店の棚をのぞいても、がらんとしてなにもなかった。植民地時代につくられた、いかめしい建物はあっても、大きなホテルはヒルトンやメリディアンとあと一つか二つくらいしかなかった。

 


それがナイル川沿いにリビア資本の、湾岸諸国などにありがちな奇抜な形のホテルや、中国語のネオンサインの書かれたホテルなどがたっており、さらに巨大ショッピングモールや、トルコ系の大型スーパーやレストランなどが郊外にぞくぞくつくられている。しかも、高層ビルの多くは、みなそろえたように青いガラス張りである。冷房効率も悪そうだし、砂嵐ですぐにくすんでしまうとおもうのだが、デザインが好みなのだろうか。


Rimg0056

 
 
 
 

日本や欧米にくらべれば、たいした規模ではないが「AFRA」というトルコ系のショッピングモールにかなり感動した。

Rimg0073
 
 
 


二階建てで中華やイタリアンまで食べられるフードコートもある。マレーシアなど中華系の人が働いている。


Rimg0089


 
 
 

一階はスーパーマーケット。品数は豊富というほどではないし、しゅっちゅう停電するのだけど、それでもハルツームにこんなスーパーができるようになるとは、時代は変わったんだなと感じる。

Rimg0071

 
 
 


なにしろ、iPodだって売っている!

Rimg0070


ただ、よく見ると、ちょっとへんな気もするのだが(クリックで拡大)・・・。

 
 
 
 

これは日本からわざわざ輸入したのだろうか。

Rimg0088


スーダンはアルコール禁止の国のはずだが・・・なにに使うのだろう。


 
 

これはスーダンのオリジナルドリンクらしい。

Rimg0072


粉末で水で溶かして飲むもののようである。バオバブドリンクというのは初めて聞いた。左はアラビアゴムとハイビスカスのミックスドリンク。アラビアゴムというのも不思議な名前だが、どうもアカシアの樹皮からとれる天然のゴムで糖類をふくんでいることから甘味料として使われているらしい。調べてみると、スーダンはアラビアゴムの世界シェアが80パーセントだという。味はというと、買ってきたのだが、まだ飲んでいない。飲んだらご報告します。


これは文房具コーナーにあったスーダン大統領とスーダン国旗の入ったシール。ノートなどに貼って、自分の名前、学校名、クラス名、先生の名前を書くようになっている。買う人はいるのかなと思って、しばらく売り場を見ていたら、ひとりの主婦らしきスーダン人女性が手にとってかなり長い間買おうか買うまいか悩んでいたようだったが、結局、シールを元に戻して行ってしまった。

 
Rimg0091


 
 

| | コメント (10)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »