« オバマとベールと黄熱病 | トップページ | なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) »

ハルツームのスーパーにて

エジプト、スーダンより帰国。スーダンには暑い季節、酷暑の季節、猛暑の季節、極暑の季節があるといわれ、今回初めて極暑の季節に、この地を訪れた。なにしろ20年ぶりのスーダンなので、あれも見たい、これも見たいと昂揚していたのだけれど、空港を一歩出ると、あまりの暑さに、すべてのやる気が、みるみるしぼんでいくような脱力感におそわれた。


乾燥しているので熱帯雨林のような重たさは感じないが、からだの四方、そして頭上にと、あわせて5台のストーブを背負って歩いている気分だった。それでも現地の人の話では、今年は暑さが厳しくないほうだという。やはりスーダンは暑い季節、せめて酷暑の季節に訪れるべきだ。


20年ぶりということもあって、訪れるにあたってはいろいろ感慨もあった。とくに昔、しばらく滞在して、個人的にとてもいい思い出のあるダルフールが、悲劇的な内紛と殺戮の地として報じられるようになってしまったことへの葛藤もある。だが、今回スーダンにいってみようと発作的に思ったのは、ネット等を通じて得られるヴァーチャルな情報から見えてくるこの国の姿が、自分がなんどか旅し、経験したかつてのスーダンと結びつかなくなってきたことへのいらだちだった。


ヴァーチャルな情報というのは、どこか二次元的だ。自分の中で三次元的に置き換えないと、どうもリアリティが湧かない。それはちょうど地上から星座を見ているのに似ている。地上から見ると隣同士のように見える星同士でも、三次元的に見ると、とても離れているように。情報を立体感をもって感じるには、やはりどこかで身体化というか、歩いたり、嗅いだり、なめたりすることも大切だと思う。

 

で、スーダンだけれど、近年のグローバル化や中国やアラブ諸国の投資マネーのおかげで、首都ハルツームの建設ラッシュぶりは聞いていたが、実際に目にしてやはり驚いた。以前のハルツームはといえば、砂漠の中にうち捨てられた廃墟のような、滅びの街といった印象だったし、商店の棚をのぞいても、がらんとしてなにもなかった。植民地時代につくられた、いかめしい建物はあっても、大きなホテルはヒルトンやメリディアンとあと一つか二つくらいしかなかった。

 


それがナイル川沿いにリビア資本の、湾岸諸国などにありがちな奇抜な形のホテルや、中国語のネオンサインの書かれたホテルなどがたっており、さらに巨大ショッピングモールや、トルコ系の大型スーパーやレストランなどが郊外にぞくぞくつくられている。しかも、高層ビルの多くは、みなそろえたように青いガラス張りである。冷房効率も悪そうだし、砂嵐ですぐにくすんでしまうとおもうのだが、デザインが好みなのだろうか。


Rimg0056

 
 
 
 

日本や欧米にくらべれば、たいした規模ではないが「AFRA」というトルコ系のショッピングモールにかなり感動した。

Rimg0073
 
 
 


二階建てで中華やイタリアンまで食べられるフードコートもある。マレーシアなど中華系の人が働いている。


Rimg0089


 
 
 

一階はスーパーマーケット。品数は豊富というほどではないし、しゅっちゅう停電するのだけど、それでもハルツームにこんなスーパーができるようになるとは、時代は変わったんだなと感じる。

Rimg0071

 
 
 


なにしろ、iPodだって売っている!

Rimg0070


ただ、よく見ると、ちょっとへんな気もするのだが(クリックで拡大)・・・。

 
 
 
 

これは日本からわざわざ輸入したのだろうか。

Rimg0088


スーダンはアルコール禁止の国のはずだが・・・なにに使うのだろう。


 
 

これはスーダンのオリジナルドリンクらしい。

Rimg0072


粉末で水で溶かして飲むもののようである。バオバブドリンクというのは初めて聞いた。左はアラビアゴムとハイビスカスのミックスドリンク。アラビアゴムというのも不思議な名前だが、どうもアカシアの樹皮からとれる天然のゴムで糖類をふくんでいることから甘味料として使われているらしい。調べてみると、スーダンはアラビアゴムの世界シェアが80パーセントだという。味はというと、買ってきたのだが、まだ飲んでいない。飲んだらご報告します。


これは文房具コーナーにあったスーダン大統領とスーダン国旗の入ったシール。ノートなどに貼って、自分の名前、学校名、クラス名、先生の名前を書くようになっている。買う人はいるのかなと思って、しばらく売り場を見ていたら、ひとりの主婦らしきスーダン人女性が手にとってかなり長い間買おうか買うまいか悩んでいたようだったが、結局、シールを元に戻して行ってしまった。

 
Rimg0091


 
 

|
|

« オバマとベールと黄熱病 | トップページ | なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

真知さん、お帰りなさい。スーダンの発展ぶりはすごいですね。世界でだぶつくオイルマネーはつねに行き先を探しているのでしょうし、オイルを求める中国は、産油国ならどしどし投資するということですね。

さて、写真に出てきた「ちょっと変なiPod」ですが、私もあれをインドで見ました。中国製の大型iPodです。なんとデジカメにもなり、ラジオまで着いているスグレモノです。感動して欲しくなりましたが、売っているところを見かけませんでした。ジョブスさんの病気が再発しそうな代物ですね。

投稿: 某編集長 | 2009年7月 7日 (火) 21時33分

>某編集長さま

あのiPodは中国製でしたか。
最近は中国製品も性能が上がってきていますね。カメラとラジオもついているのなら、ちょっとほしい気もします。
後ろに見えていたPlayStationも中国製なのか気になるところです。
電化製品ではPENSONICというメーカーのものが多かった。マレーシアの会社のようでした。

投稿: 田中真知 | 2009年7月 8日 (水) 18時55分

昨日12チャンネルの「ワールドサテライト」とかいう番組を見ていたら、なんとアンゴラがすごいことになってるようですね。アンゴラってアフリカでナイジェリアに次ぐ産油国だそうで、それで中国が巨額の資金援助をし、なんと25万人の中国人労働者が送り込まれているんだそうです。アンゴラというと内戦のイメージが強かったけど、このまま順調に開発が進めば、アフリカ有数の金持ち国になる可能性があるらしい(クーデターとかがなければですけど)。激動のアフリカなんですねえ。

投稿: 某旅行誌編集長 | 2009年7月 9日 (木) 09時28分

>某旅行誌編集長さま

その番組、見ました。25万という移民の数には驚きました。スーダンはいまのところ4万人くらいです(それでもすごい数だけど)。
スーダンでも中国への反発というのは一部ではあるようだけど、おしなべて好感の方が多い気がしました。あいかわらず歩いていると「シーニー」(中国人)とか「ヒーホー」(ニーハオのつもりらしい)とか声をかけられるのだけど、敵意や嘲笑というかんじではなかった。

投稿: 田中真知 | 2009年7月 9日 (木) 18時49分

田中真知さま

はじめまして田中さん

この記事へのコメントではないのですが、ちょっと
お知らせです。 

図書館で、ようやく予約したのが届いて、
「孤独な鳥はやさしくうたう」を読みました。

どの文章もみずみずしくて、心深くしみいりました。

横谷宣さんの個展を、実は TBSのクラシック専門Webラジオである ottava moderato http://blog.ottava.jp/ottava_moderato/
のプレゼンターである 清水清さんの放送で知ったので
トークショーは聞き過ごしましたが会期最終日に
出かけて、あの映像を目にする事が出来ました。

それで、この清水さんが 「旅に出たくなる本」を
募集中だったので、田中さんの著作を投稿しました。

僅かな繋がりでは、ありますが、真知さんの、珠玉の
作品達が、それを欲しがっていた読者の元に、もっと
届けばと希望しました。

挙げた URLの7/9に 清水さんのコメントも載っていますが、彼も感動して読まれたようです。

ではでは、これからも、読者としてよろしくお付き合い下さい。

投稿: 八島 秀二 | 2009年7月10日 (金) 11時18分

>八島 秀二さま

ありがとうございます。とてもうれしいです。
清水清さんのコメントも拝見しました。
横谷さんの写真もごらんになってくださったのですね。
ひとことにはとても盛り込めませんが、八島さんのことば、ほんとうにうれしくおもいます。ありがとうございます。
自分のほんとうに書きたいことを、なるべくかたちにできるよう、がんばりたいと、あらためて思いました。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: 田中真知 | 2009年7月11日 (土) 01時19分

 ハルツームの写真にショックを受けています。1991年にハルツーム・ヒルトンに一週間ほどいました(招待だったららホテル代は払わなくてよかった)。毎朝部屋でロバのズーヒー・ズーヒーというタイヤ・チューブの破れる音のような声で目を覚ましました。世界に散らばるヒルトン・ホテルでロバの苦悶するような声を聞くことができるのはハルツーム・ヒルトンしかないのではないか、とその牧歌的な有様に感心しました。
 それにしても形容不能のビルの姿です。ショッピング・モールも世界中を侵食しつつありますね。ルーマニアの黒海沿岸のショッピングモールには馬車で乗り付けるのが正しいのでしょうか。ハルツームのそこにはロバで行くのが正しいか?

投稿: 小松田 堂鐘 | 2009年7月12日 (日) 10時05分

>小松田堂鐘さま

ナイル河畔の超高級ホテル、中には吹き抜けのエレベーターがあり別世界です。最上階にはナイルの合流点を見晴らす展望レストランがあります。カフェでは中国人やインド人たちが商談(たぶん)していました。スーダン人の若いカップルもいましたが、コーヒー一杯が日本より高いのに、それを払える層がいまこの国にはぞくぞく生まれている。ホテルに乗り付けるのも、ロバならぬメルセデスやBMV(しかもぴかぴか)ばかりで、牧歌的というより幻想的でありました。

投稿: 田中真知 | 2009年7月13日 (月) 01時39分

う~ん、一外国人の(これから旅する)旅人の感想としては、思ってはいけない事なのですけれど真知さんが昔見たエジプトやスーダンを見たかった。・・こんなこと言ってるようではだめですね。(><)
もちろん発展して豊かに(国民みんなが)なるのは良いことなのですが。

投稿: | 2009年7月27日 (月) 14時20分

>  さま

昔の人が書いた旅行記を読んで、その時代に旅したいと思うことは、よくあります。なんでも昔がよかったとは思わないけれど、いまの変化や発展が長い目で見て、ほんとうに人びとの豊かさに結びついているのかどうかは、なんともいえませんね。むずかしいところです。

投稿: 田中真知 | 2009年7月28日 (火) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オバマとベールと黄熱病 | トップページ | なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) »