フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月

なつの まひるの ゆめ 後編 (かっぱとあひる 6)

 
前回のあらすじ
 

なぞのトンネルで、あひるさんと再会したかっぱくん。ふたりは、なつのくににたどりつき、いよいよ「なつ」をさがしにでかける。はたして「なつ」は見つかるのだろうか・・・。


Pict0036

「さあ なつを さがしに いこう」
 

「なんだか わくわく しちゃうな」


 
 
 
 
 

Pict0064

「なつの くにって ひろいね」


「それほどでも ないさ」


 
 
 
 
 

Pict0002

「あ きょじんの かせきだ」

 
 
 
 
 

Pict0003

「なんで ならんで すわってるの」


「おみあいしてたのさ」

 
「おみあい?」


「きんちょうして かせきに なっちゃったんだよ」


「ふーん」

 
 
 
 
 

Pict0080

「ここを たんけん してみよう」


「ここに なつが いるの?」


「それを たしかめに いくのさ」


 
 
 
 
 
 

Pict0092

「しずかだね・・・」


 
 
 
 
 
 

 
Pict0028


じかんが とまってる みたいだ・・・

 
 
 
 
 

 
 
 
Pict0027

 
 
なつのくにって ふしぎなとこだな・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 

Pict0114a

「かべの えを しらべてみよう」


「あ ぶたの はなだ」


「これは こんせんとの かせきだよ」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0134

「あ あひるさんが いる・・・」


「ああ これは ゆうめいな おはなし なのさ」


「どんな?」


「さんわの あひるの ものがたり というのさ かんどうてきな おはなしだよ」


「どんな おはなし?」


 
 
 
 
 
 
 

Pict0124


「むかし ここには へんなものが いっぱい すんでいたんだよ」


「へんなもの?」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0132

「こしが まがって あたまから てがでている ひとや・・・」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0151

「へびみたいな うしや・・・」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0168

「そのほか いろんな わけの わからないものが すんでいたんだ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0034


「そしたら こんな へんな くには いやだ といって おひさまが いなくなっちゃったのさ」


「ふーん」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0054

「そしたら せかいが まっくらに なってしまった」


「それは こまるなあ」


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0120

「そこで だれかが おひさまを つれもどそう といいだした」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0170

「さいしょに さるに たのんだんだけど さるは あついから いやだ とことわったんだ」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0160

「つぎに へびに たのんだら ぶつぶつ もんくを いわれたけど ひきうけてくれたのさ」


「へびって いいやつ なんだね」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0166

「へびは おひさまを せなかに のせて つれもどしてきたんだ」


「かたつむり みたいだね」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0096

「そしたら おひさまだと おもっていたのは じつは たまごで そこから さんわの あひるが うまれたのさ」


「・・・!?」


 
 
 
 
 
 
 


Pict0096a

「みんな びっくりして おまつりに なったんだよ」


「おまつり・・・?」


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0006


「さんわの あひるは だいにんきに なって みんなに たいせつにされたのさ」


「そう・・・なの?」

 
 
 
 
 
 


Pict0107

「そんなわけで あひるは おひさまの まもりがみに なったのさ おしまい」


「ええ?・・・それで おしまい!?」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0009

「かんどう したかい?」


「う〜ん・・・なんとなく」

 
 
 
 
 
 
 
Pict0034a


「さあ ぐすぐず しちゃいられない なつを さがしにいこう」

 
 
 
 
 
 

 


Pict0182

「あひるさん あれは なに?」


「あれは やまだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0002a


「きが はえてないね」

 
「やまの かせき だからね」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0009


「てっぺんの いろが ちがうよ」


「ゆきが つもったのさ あれは ゆきの かせきだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0017


「あ なんか いる?」


「あれは やまの いきものさ」


「かせきに ならなくて よかったね」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0015

「あのひとたち なにしてるの?」


「たぶん みいらに なろうと してるんだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0102

「みいら?」


「ひとの かせきのことを みいらって いうんだ」


「ぼく みいらに なりたくないよ」


 
 
 
 
 
 

Pict0153


「あ これは なに?」


「やや これは ひょっとしたら・・・」


 
 
 
 
 
 
 

Pict0140


「やっぱり そうだ」


「なに?」


「これが なつ だよ」


「ええ!? これが・・・」


「うん でも かせきに なっていたとは しらなかったな・・・」


 
 
 
 
 
 
 


Dinosaur2

「かせきに なるまえは こんな だったんだよ」


「かせきで よかった・・・」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0134a

「これを もりに つれて いくの?」


「うーん ちょっと おもそうだなあ」

 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0165


「みずを かけたら よみがえるんだけど」


「よみがえったら こわいよ・・・」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0041

「よし それなら ちいさい なつを さがそう」


「ちいさい なつ?」


 
 
 
 
 
 
 


Pict0137


「ちいさい なつは どこに いるの?」


「たぶん この ちかくさ」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0047


「なんだか あつくて みいらに なりそうだよ」


「よし ひみつへいきを つかおう」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0114

「これで らくに なったかい」


「うん」


「この ぼうしは わんだらー っていうんだ」
 
 
「わんだらー?」


 
 
 
 
 
 
 

 
 
Pict0187


「さっき やまの ひとが そう いって ぷれぜんと してくれたのさ」
 
 
「ふーん」

 
「わんだらーを かぶっていれば みいらに ならないよ」
 
 


  
 
 
 

 
 
 

Pict0100


「ここで すこし やすもう」


「ひかげは すずしいね」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0086

「ちいさい なつは どこに いるんだろう」


「なあに すぐ みつかるさ」

 
 
 
 
 
 
 
 


Pict0087


「あひるさん これは なに」
 
 
「こがねむしの かせきだよ これが ちいさい なつ なんだよ」
 
 
「これが?」

 


 
 
 
 
 
 
 
 


Pict0054


「きみは これを もって もりに かえるんだよ」


「あひるさんは?」


「ぼくは もうすこし なつのくにを たんけんするよ」

 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0059


「あれが もりへ かえる とんねる だよ」


 
 
 
 
 
  

 

Pict0065


「じゃあ またね さびしくなったら さんわの あひるの おはなしを おもいだすといいよ」


「あひるさん・・・」

 
 
 
 
 
 
 
 
 


Rimg00291


とんねるに はいると くらくらして・・・


 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0056

まっくらに なった

 
 
 
 
 


Rimg0001a

きがつくと ひかりが さしていた


 
 
 
 


Rimg0025

みどりの いいかおりが した


 
 
 
 
 
 


Rimg0026


あ これは・・・

 
 
 
 
 

Rimg0046


きがつくと それは いつのまにか いきかえって・・・


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0033a


もりの どこかへ きえていった

 
 
 
 
 
 


Rimg0025a

みあげると はっぱの すきまから そらが みえた

 
 
 
 
 
 


Rimg0034

こんな あおい そら ひさしぶりだ

 
 
 
 
 
 
 


Rimg0008


くもが ひかっている


 
 
 
 
 
 


Rimg0043a

なつが きたのかな

 
 
 
 
 
 

Rimg0067


やがて ひが くれると


 
 
 
 
 

Rimg0059


もりのうえに ほそい おつきさまが でた

 
 
 
 
 
 
 


Rimg0045


なつのくにで みた おつきさまは まあるかったけど・・・

 
 
 
 
 


Rimg0135

きっと おなじ おつきさまのような きがする


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0003

あひるさん まだ なつのくにに いるのかな

 
 
 
 


Rimg0135b


さんわの あひるは あれから どうなったのかな・・・


 
 
 
 
 

<おわり>


あひるさんの ゆめ (かっぱとあひる 7)につづく
 
 
 
 


« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ