« なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) | トップページ | 日本海でヨットを見る »

なつの まひるの ゆめ 後編 (かっぱとあひる 6)

 
前回のあらすじ
 

なぞのトンネルで、あひるさんと再会したかっぱくん。ふたりは、なつのくににたどりつき、いよいよ「なつ」をさがしにでかける。はたして「なつ」は見つかるのだろうか・・・。


Pict0036

「さあ なつを さがしに いこう」
 

「なんだか わくわく しちゃうな」


 
 
 
 
 

Pict0064

「なつの くにって ひろいね」


「それほどでも ないさ」


 
 
 
 
 

Pict0002

「あ きょじんの かせきだ」

 
 
 
 
 

Pict0003

「なんで ならんで すわってるの」


「おみあいしてたのさ」

 
「おみあい?」


「きんちょうして かせきに なっちゃったんだよ」


「ふーん」

 
 
 
 
 

Pict0080

「ここを たんけん してみよう」


「ここに なつが いるの?」


「それを たしかめに いくのさ」


 
 
 
 
 
 

Pict0092

「しずかだね・・・」


 
 
 
 
 
 

 
Pict0028


じかんが とまってる みたいだ・・・

 
 
 
 
 

 
 
 
Pict0027

 
 
なつのくにって ふしぎなとこだな・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 

Pict0114a

「かべの えを しらべてみよう」


「あ ぶたの はなだ」


「これは こんせんとの かせきだよ」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0134

「あ あひるさんが いる・・・」


「ああ これは ゆうめいな おはなし なのさ」


「どんな?」


「さんわの あひるの ものがたり というのさ かんどうてきな おはなしだよ」


「どんな おはなし?」


 
 
 
 
 
 
 

Pict0124


「むかし ここには へんなものが いっぱい すんでいたんだよ」


「へんなもの?」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0132

「こしが まがって あたまから てがでている ひとや・・・」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0151

「へびみたいな うしや・・・」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0168

「そのほか いろんな わけの わからないものが すんでいたんだ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0034


「そしたら こんな へんな くには いやだ といって おひさまが いなくなっちゃったのさ」


「ふーん」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0054

「そしたら せかいが まっくらに なってしまった」


「それは こまるなあ」


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0120

「そこで だれかが おひさまを つれもどそう といいだした」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0170

「さいしょに さるに たのんだんだけど さるは あついから いやだ とことわったんだ」


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0160

「つぎに へびに たのんだら ぶつぶつ もんくを いわれたけど ひきうけてくれたのさ」


「へびって いいやつ なんだね」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0166

「へびは おひさまを せなかに のせて つれもどしてきたんだ」


「かたつむり みたいだね」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0096

「そしたら おひさまだと おもっていたのは じつは たまごで そこから さんわの あひるが うまれたのさ」


「・・・!?」


 
 
 
 
 
 
 


Pict0096a

「みんな びっくりして おまつりに なったんだよ」


「おまつり・・・?」


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0006


「さんわの あひるは だいにんきに なって みんなに たいせつにされたのさ」


「そう・・・なの?」

 
 
 
 
 
 


Pict0107

「そんなわけで あひるは おひさまの まもりがみに なったのさ おしまい」


「ええ?・・・それで おしまい!?」

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0009

「かんどう したかい?」


「う〜ん・・・なんとなく」

 
 
 
 
 
 
 
Pict0034a


「さあ ぐすぐず しちゃいられない なつを さがしにいこう」

 
 
 
 
 
 

 


Pict0182

「あひるさん あれは なに?」


「あれは やまだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0002a


「きが はえてないね」

 
「やまの かせき だからね」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0009


「てっぺんの いろが ちがうよ」


「ゆきが つもったのさ あれは ゆきの かせきだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0017


「あ なんか いる?」


「あれは やまの いきものさ」


「かせきに ならなくて よかったね」

 
 
 
 
 
 
 

Pict0015

「あのひとたち なにしてるの?」


「たぶん みいらに なろうと してるんだよ」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0102

「みいら?」


「ひとの かせきのことを みいらって いうんだ」


「ぼく みいらに なりたくないよ」


 
 
 
 
 
 

Pict0153


「あ これは なに?」


「やや これは ひょっとしたら・・・」


 
 
 
 
 
 
 

Pict0140


「やっぱり そうだ」


「なに?」


「これが なつ だよ」


「ええ!? これが・・・」


「うん でも かせきに なっていたとは しらなかったな・・・」


 
 
 
 
 
 
 


Dinosaur2

「かせきに なるまえは こんな だったんだよ」


「かせきで よかった・・・」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0134a

「これを もりに つれて いくの?」


「うーん ちょっと おもそうだなあ」

 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0165


「みずを かけたら よみがえるんだけど」


「よみがえったら こわいよ・・・」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0041

「よし それなら ちいさい なつを さがそう」


「ちいさい なつ?」


 
 
 
 
 
 
 


Pict0137


「ちいさい なつは どこに いるの?」


「たぶん この ちかくさ」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0047


「なんだか あつくて みいらに なりそうだよ」


「よし ひみつへいきを つかおう」

 
 
 
 
 
 
 


Pict0114

「これで らくに なったかい」


「うん」


「この ぼうしは わんだらー っていうんだ」
 
 
「わんだらー?」


 
 
 
 
 
 
 

 
 
Pict0187


「さっき やまの ひとが そう いって ぷれぜんと してくれたのさ」
 
 
「ふーん」

 
「わんだらーを かぶっていれば みいらに ならないよ」
 
 


  
 
 
 

 
 
 

Pict0100


「ここで すこし やすもう」


「ひかげは すずしいね」


 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0086

「ちいさい なつは どこに いるんだろう」


「なあに すぐ みつかるさ」

 
 
 
 
 
 
 
 


Pict0087


「あひるさん これは なに」
 
 
「こがねむしの かせきだよ これが ちいさい なつ なんだよ」
 
 
「これが?」

 


 
 
 
 
 
 
 
 


Pict0054


「きみは これを もって もりに かえるんだよ」


「あひるさんは?」


「ぼくは もうすこし なつのくにを たんけんするよ」

 
 
 
 
 
 
 
 

Pict0059


「あれが もりへ かえる とんねる だよ」


 
 
 
 
 
  

 

Pict0065


「じゃあ またね さびしくなったら さんわの あひるの おはなしを おもいだすといいよ」


「あひるさん・・・」

 
 
 
 
 
 
 
 
 


Rimg00291


とんねるに はいると くらくらして・・・


 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0056

まっくらに なった

 
 
 
 
 


Rimg0001a

きがつくと ひかりが さしていた


 
 
 
 


Rimg0025

みどりの いいかおりが した


 
 
 
 
 
 


Rimg0026


あ これは・・・

 
 
 
 
 

Rimg0046


きがつくと それは いつのまにか いきかえって・・・


 
 
 
 
 
 
 


Rimg0033a


もりの どこかへ きえていった

 
 
 
 
 
 


Rimg0025a

みあげると はっぱの すきまから そらが みえた

 
 
 
 
 
 


Rimg0034

こんな あおい そら ひさしぶりだ

 
 
 
 
 
 
 


Rimg0008


くもが ひかっている


 
 
 
 
 
 


Rimg0043a

なつが きたのかな

 
 
 
 
 
 

Rimg0067


やがて ひが くれると


 
 
 
 
 

Rimg0059


もりのうえに ほそい おつきさまが でた

 
 
 
 
 
 
 


Rimg0045


なつのくにで みた おつきさまは まあるかったけど・・・

 
 
 
 
 


Rimg0135

きっと おなじ おつきさまのような きがする


 
 
 
 
 
 
 

Rimg0003

あひるさん まだ なつのくにに いるのかな

 
 
 
 


Rimg0135b


さんわの あひるは あれから どうなったのかな・・・


 
 
 
 
 

<おわり>


あひるさんの ゆめ (かっぱとあひる 7)につづく
 
 
 
 


|
|

« なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) | トップページ | 日本海でヨットを見る »

かっぱくんとあひるさん」カテゴリの記事

コメント

ピラミッドの壁画って、こうやてみるとほんとに訳のわからない謎の生物が描かれているんですね。まあ、ちゃんと意味があるんでしょうが。
次はアヒルくんにスーダンを旅させてください。

投稿: 編集長 | 2009年8月 5日 (水) 09時21分

>編集長さま

そうなんです。よく見ると、ほんとにへんな生きものがたくさん描かれています。ちなみにあの壁はピラミッドではなく、それより2000年以上新しいプトレマイオス朝の神殿です。この時代になると、ゾウやライオンなど絵のモチーフもバラエティーに富んできます。エジプトの壁画のへんな生きものの図鑑をつくったら、おもしろいかもね。

>次はアヒルくんにスーダンを旅させてください。

はい。今回はスーダンまではもっていかなかったのですが、次回はぜひ。

投稿: 田中真知 | 2009年8月 5日 (水) 12時02分

あらまぁ~ やっぱり かっぱさんもあひるさんも一緒に連れて行ったんですね。

あ~ 面白かった! happy01 

でも、懐かしいエジプト(10年前に行きました)も 真知さんにかかると・・・こんな風に変身しちゃうんですね。

かぶり物が似合っていて、とても可愛い かっぱとあひるさんでした。
楽しみました! ありがとうございます。

投稿: catalina | 2009年8月 6日 (木) 16時48分

>catalinaさま

はい、いっしょに行ってました。
かぶり物を気に入っていただき、ありがとうございます。
彼らにも伝えておきますね。

投稿: 田中真知 | 2009年8月 7日 (金) 14時56分

ぜひ!
この贅沢なロケの盛夏……もとい成果を!
絵本にして刊行してください!!!!!

カッパ君とあひるさんのプロダクション(爆)の関係で
難しいかもしれませんが、期待してます。

投稿: チャーリー | 2009年8月17日 (月) 15時44分

>チャーリーさま

ありがとうございます。

今後も「あひるさん、イースター島へ行く」「かっぱくん、南極へ行く」など予定は目白押しです。
あとはスポンサーだけなんですが。。。

投稿: 田中真知 | 2009年8月18日 (火) 00時23分

ご無沙汰しています。06年からカイロに二度目の赴任をしています。先日会議で東京に戻った時にKくんから貴兄のことを聞きました。またカイロに来ることがあればぜひ事前にご一報ください。「かっぱとアヒルさん」楽しく拝読させて頂きました。益々のご活躍を期待しています。

投稿: カイロの田澤です | 2009年9月13日 (日) 19時01分

>田澤さん

わ、思いがけないところでこんにちは。
先日エジプトに行ったのですが、時間的なゆとりがなくて、ご連絡できませんでした。
こんど訪ねる折にはご連絡させていただきます。
それにしても新カイロ博物館、どうなっているのでしょうね。

それより、ここも更新せねば。

投稿: 田中真知 | 2009年9月14日 (月) 13時13分

o(*^▽^*)o こんにちは〜

先日、北陸に行ってまいりました。
瑞龍寺というみごとなお寺さんで、
真知さんとおなじように
ぬいぐるみを一緒に撮影しているひとがいて、
思わず真知さん!?
かと、覗き込んでしまいました。
でも、それは、
かっぱ君とあひるさんではありませんでした。

がっくり〜

それはそうと、
インフルエンザは大丈夫でしたか?

投稿: キャロ | 2009年9月22日 (火) 23時41分

>キャロさま

そうでしたか。
お寺さんも楽しそうですね。あひるさんの説明?が冴えそうです。それより更新せねば。。。

新型インフルは大丈夫でした。同居高校生がかかったので覚悟していたのですが、こっちは免疫があったのか難を免れました。

投稿: 田中真知 | 2009年9月23日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なつの まひるの ゆめ 前編 (かっぱとあひる 5) | トップページ | 日本海でヨットを見る »