フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« セバスチャン・サルガドの「アフリカ」 | トップページ | あひるさんの ゆめ (かっぱとあひる 7) »

エジプトの禁煙広告

禁煙を何ヶ月か続行中という友人から、「毎朝布団の上でのたうつほど身体が気持ちよい。赤ん坊に戻ったように体がよく動く」というメールをもらった。タバコは吸わないので、その感覚はよくわからないが、すこしうらやましい気もする。いったい、いまなにをやめたら、そのような爽快感が得られるのだろう。


何カ月か前に奥さんが、めまいが数日続いて病院に行った。原因はわからなかったが、筋肉の緊張をとるために、とのことで弛緩剤を処方された。ところが、弛緩剤を飲んでしばらくすると、彼女が涙ぐんでいる。どうしたのかと訊くと、呼吸がとても楽なのだという。いままでだって自然に呼吸していたつもりだったのに、こうして筋肉がゆるむと、もっと楽に呼吸できる。若くて、もっと健康だった頃、自分はこんなふうにすてきに呼吸していたんだったと思い出したのだという。


タバコの話に戻る。この前、エジプトに行ったとき空港の免税店で見たタバコのパッケージにびっくりした。カートンの箱にもパッケージにも酸素マスクをした男の写真がついている。

Rimg0010

クリックで拡大


説明書きによると、肺ガンの末期患者の写真だという。照明のせいで色がややちがって見えるが、顔は土気色でなんとも痛々しい。パッケージの下半分がこの写真である。これを吸うとこうなるぞということなのだろうが、ここまでやるとはなあ。タイやEU諸国では、ガンに冒された肺の写真がパッケージに印刷されているものもあるらしい。同じ嗜好品でもアルコールとは扱いがずいぶんちがう。アルコールによる死者や中毒者だって相当数にのぼるはずだが、ウイスキーやワインのラベルに肝臓ガンの末期患者や、肝硬変の病変の写真が使われることはないだろうな。


いずれにしても、年をとってくると、なにかを摂取することによって得られる爽快感より、なにかをやめることで得られる解放感の方が大きそうだ。太極拳を何年かやっているのだが、その基本の一つは力をぬくことだ。力をぬくといっても、全部ぬいたらふにゃふにゃで立っていられない。要は、からだを動かすうえで、その動作に必要のない、よけいな力をいっさいぬくように意識する。けれども、それがとてもむずかしい。自然体といっても、かならず長年の癖で、いろんなところに力が入っていて、そうかんたんにはぬけない。それがなにかのきっかけですっとぬけると、それこそ「赤ん坊にもどったように」からだが楽に動くことがある。タバコをやめたあとの感覚というのも、そういうのに近いのだろうか。

« セバスチャン・サルガドの「アフリカ」 | トップページ | あひるさんの ゆめ (かっぱとあひる 7) »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

禁を破って吸う一服のコーフク感、というのもなかなか捨てがたいものがあるのですヨ。ぼくはこれの繰り返しです。それにしても筋肉弛緩剤というのも魅力的ですねえ。これは市販されてはいないんでしょうか? それに近いものっていうのもあるのかな。一度でいいから、このギシギシのからだを弛めてほぐして、赤児の眠りをむさぼりたい。

>bananaさま

自己流で筋弛緩剤を飲もうなんて考えないでください。下手したら呼吸できなくなって死んじゃいますよ。そのときは、たぶん気持ちよくない(というより苦しい)と思います。
それに近い薬があるかどうかはわかりませんが、薬の効果は一時的です。弛緩剤が劇的に作用したのは最初の服用時だけだったと、奥さんもいっていました。
面倒でもこつこつヨガをしたり、太極拳をするか、あるいはときどき禁煙するくらいしかないと観念しましょう。

体の余計な力が何かのきっかけですっと抜けると、とありますが、一体どのようなきっかけなのでしょうか?

以前キャンプ大会で太極拳を少し手ほどきしていただいた時にお分かりいただけたでしょうが、僕は何故かいつも体中の至る所に余計な力が入っているようなのです。
だから太極拳の動きもあんなにぎこちない。

もう年も年だし、そんな無駄な力を抜いて、エコノミカルに生きたいと思っているのですが・・・・。

>あきらさま

きっかけというのは、あらためて考えるとうまく説明できないですね。
自分が動かすというより、動かされている感覚になるというか。。。

体の力をぬくのはむずかしいです。
息をゆっくり吐くとか、肩に思い切り力を入れたあと一気にゆるめるとか。
いずれにしても、体が何十年かけて身につけて癖だから、訓練しないとなかなか思うように抜けません。


私は正真正銘、りっぱな肩こりです。
ふと気づくと、肩が縮こまりきゅ〜っと上がっているのです。
どうしてそんなに緊張して生きているんでしょう。
我ながら、不思議でなりません。

力を抜いて、リラックス、リラックス〜
首を回しては、グリグリ音を立てさせています。
ふう〜

いい方法はないものでしょうか、ねえ。

弛緩剤の匂いだけでも、効果あるかも・・・
それって、アロマ?

>キャロさま

肩こり、お気の毒です。
緊張して生きている、というのは、いまの世の中なら正常な反応だと思いますよ。これで緊張せずに生きていられたら、逆に鈍感すぎるかも。

手ぬぐいの両端を両手で持って、背中に回し、そのまま腰までもっていくという体操は気持ちいいですよ。でも、あまり無理しないように。
こんなのもあります↓
http://kawamura-seikei.jp/sub_seikei/sub_katakori.html

弛緩剤は自己流で使っては絶対だめですよ。アロマどころか、呼吸筋が麻痺して、本当に天国に行ってしまいますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セバスチャン・サルガドの「アフリカ」 | トップページ | あひるさんの ゆめ (かっぱとあひる 7) »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ