フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« 横谷さんの手作り印画紙 | トップページ | 日本は世界5位の農業大国 »

プチ発明

みなさんの中にも心当たりのある方がいるかと思うが、本や資料を参照しながら文章を書くとき、本のページを開いたままにしておくのに苦労したことはないだろうか。文庫にしても、単行本にしても、ペーパーバックにしても、ほとんどの単行本は、手をそえていない状態で開いたままにしておくのがむずかしい。


ハードカバー本の真ん中あたりならば、「のど」(本を広げたとき真ん中の綴じてある部分)をある程度、押さえつければ、左右に振り分けられたページがバランスよく釣り合って、本が開いたままの姿勢を保つこともある。そんなときの本の姿は、いかにも書物然として美しい。でも、参照したいページが、初めや終わりの方だと、そうはいかない。手を離したとたんパタッと容赦なく閉じてしまう。


なので、本が閉じないようにするため、ほかの本をページの端にのせて押さえたりしていたが、それでも手を動かした拍子に押さえの本がずれてパタンといってしまったりすると、ちょっとがっくりしてしまう。

Rimg0036


 
 


ぱたんとはいかなくても、ページが浮き上がって、ハリセンみたいになっているのを見るのも情けない。

Rimg0002

 
 

そこであるとき、エジプトで買ったものの使い道がないまま放置されていた木製のピンチ(大きな洗濯ばさみのようなもの)があったので、それで開いておきたいページを挟む方法を思いついた。それなりに重さもあるので、ページの左右を挟めば、たいていの本を開いたままにしておくことができた。

Rimg0038

 


 
しかし、厚みのある洋書となると、それでもページが浮き上がってしまうし、両端につけると、別のページを開きたいときにはいちいち2つのピンチを外さなくてはならないので、ちょっと面倒だ。なにか厚さにかかわらず、かんたんに本を開いたままの状態に保てるような方法はないだろうか。

Rimg00040

 
 

 
 
 

そんなある日、100円ショップで、こんなものを見つけて、ぴんときた。

Rimg0021


 


物干し竿にシーツなどを干すための洗濯ばさみ(10個入り100円)である。帰宅後、机回りをごそごそしていたら、プラスチックの端切れを発見し、これを洗濯ばさみのハサミの片面に接着してみたところ、こんなものができた。

Rimg0006


 


これが、なかなかすぐれものである。ケプラーの大著『宇宙の神秘』だって・・・

Rimg0044


 
 


ほらこのとおり!

Rimg0045

 
 


海水動物の図鑑だってこうやって机に広げたままにして、ヒトデの仲間をじっくり眺めることだってできてしまう!

Rimg0041


 
 

 
二股になった脚は、湾曲した背表紙にもフィットするので、ずれることもない。

Rimg0001


 
 

大判の本用に、引き出しに転がっていたプラスチック定規と組み合わせたものもつくってみた。

Rimg0029


 

これだと分厚い洋書も、このとおり!

Rimg0034

 

あとで知ったのだが開いたページが閉じないようにするための「ブックストッパー」という商品がAmazonで販売されている。ただし、そっちは1個800円以上する。実用には2つ必要なので1600円以上と高価なうえ、ページをめくるにも、そのたびに2つ外さなくてはならないので面倒である。仕事の効率だって落ちてしまう。

418tt5xxyxl_ss500_

 
 

それにくらべて、こちらは、一発で見たいページを固定できるし、厚みのある本にも対応している。ページを変えるのも楽々である。なにより元手がかからないし、不要品をリサイクルしているので、地球にやさしいエコ・グッズでもある。定規バージョンのほうは、長さを測るのにも使える。もちろん、シーツを干したいときは本来の洗濯ばさみとしても使えるマルチぶりである。デザインだって・・・慣れれば気にならなくなる。

Rimg0047

これまで本がすぐ閉じてしまってお困りだったあなた。この「ブックパッチン」(発作的命名)を使えば悩みは一発解決! 勉強や仕事の能率も上がること請け合いです。お申し込みは今すぐ「あひる商会」(発作的起業)まで・・・


« 横谷さんの手作り印画紙 | トップページ | 日本は世界5位の農業大国 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

ブラボー、ブックパッチン!happy02

何がすばらしいって、一個で真ん中をとめるという
発想の転換diamond

大量注文したいところですが、
一冊の本を開きながら何か作業をする必要がない
最近の生活です(涙)

アヒルグッズのちらばる机、いいですね♪

Make it yourself ! ですね〜。
透明定規が効いている。
それにしてもデスク周辺が整頓されているのは、かなり意外でした...。

すばらしい発明です!
わたしはページオープナーというのを、ピアノの楽譜を開いておくために買い、他の本にも使っていますが

http://music.wonderful.to/les010.htm

さすがにハードカバーの厚い本には使えません。
見た目はイマイチだけど、真知さんの発明のほうがずっと役に立ちそう、しかも安くて誰でも作れる(この、最後の部分が重要なんですよ)。

「必要は発明の母」ですね。

>ゆうこさま
●流スターの写真集を開いたまま、眺めるのにも使えますよ。

>bananaさま
机回り、いつもこんなもんですよ。いったいどんな乱雑ぶりを想像されていたのでしょう。

>じむさま
ページオープナー、厚いとたしかに使えなさそうですね。でも、ブックパッチンなら大丈夫!
もちろん楽譜にも使えます。

はじめまして。

ブッククリップを自作した時に、偶然ここを見つけました。
同じ時期に同じような発想をしている人がいたので、
ビックリしました!!!

ちなみに、私のはこんな感じ↓です。
http://kawayan-nikki.seesaa.net/article/140935062.html

>川やんさま

なんと! おどろきました。ほぼ同時期にこのような発明?をされていた方がいたとは。
脚の部分をあぶって曲げるというのは、よりかんたんですね。文庫本なら、これでオーケーですね。私も試作してみます。

ちなみにサイトにあった足湯バケツに熱帯魚ヒーターを加味して保温効果を高めるというアイディアにも感動いたしました。

田中真知さま

こんばんは。

ブックパッチン、たいへん参考になりました。

我が家にもプラスチックの端切れがありますので

早速洗濯ばさみを用意しましょう。

>rurikoさま

おお、こんにちは。
ブックパッチンは、重宝しています。
3種のパターンのものをつくって活用しています。
ていうか、更新しなくては。。。

 恥ずかしながら、私、この十数年間、高価な「ブックストッパー」を2個所有し、日々利用しています。最初は、「王様のアイデア」で買って、数年後に銀座の伊東屋でまた2個買ったと思う。欠点は、高価ということのほか、プラスチック部分が弱く、すぐ欠ける。重さは充分です。
 いままで書台を買ったり、いろいろな道具を買い込んだが、ブックパッチン以上に良さそうなものはない。真知さんが、このアイデアで巨万の富を手すするだろうか。ブックパッチンが必要なほど本を読むのは、もう中高年だけだが・・・。

>前川健一さま

おお、前川さん、こんにちは。

>いろいろな道具を買い込んだが、ブックパッチン以上に良さそうなものはない。

ありがとうございます。あひる商会が上場した折にはぜひ株主になってください。
ブックパッチンを大ブレークさせて、キンドルやiPadを蹴散らしましょう。iPadほしいけど。

それよりこのままでは新年の誓いをよそに、隔月ブログになってしまう。。。更新します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横谷さんの手作り印画紙 | トップページ | 日本は世界5位の農業大国 »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ