« かっぱくんの なつやすみ にっき 3 | トップページ | かっぱくんの なつやすみ にっき 5 »

かっぱくんの なつやすみ にっき 4

(前回までの あらすじ)

道にまよって大都会へたどりついたあひるさんとかっぱくん。たくさんの化石のひとと会って、ちょっとぞくぞくしてしまったかっぱくんだった。それから、かっぱくんには、なんだか気になることがでてきた・・・



8がつ□にち

てんごくは どこ?


 
Pict0189


「あひるさん てんごくって どんなとこ?」


「かっぱくん きゅうに どうしたんだい」


「うーん なんとなく」


「だいとかいに つかれたんだね」


 
 

 
 

Pict0187

「よし てんごくへ いってみよう」
 

「ええ? いけるのー!?」


「みちを まちがえなきゃ かんたんさ」


 
 
 

 

Pict0150


「この みちで いいの?」
 

「うーん ちょっと ちがうな」

 
 

 
 

Pict0155

「あ みつけたぞ」

 
「この みち なの?」

  
 
 
 
 


Pict0011


「これが てんごくへの いりぐちさ」


「あかい とんねるだ」


 
 

 
 
 

Pict0017


「うらに なんか かいてある」


「おきょうが かいてあるのさ」


「おきょう?」


「かみさまの なまえ のような ものさ」


 
 
 

 
 
 
 
Pict0024

どこまで つづいているんだろう・・・

 
 
 
 

 
 

Pict0030

めが まわりそうだ


 
 
 
 


Pict0134


「なんだか くらくら しちゃうよ」


「そんなときは おきょうを おがむと いいよ」

 
 

 
 

Pict0127


「あ あれは・・・」

 
「てんごくで いそぎの ようじが あるのさ」

 
 
 
 

 
 

Pict0138

「これは なに?」

 
「まよけの おふださ」

 
「まよけ?」

 
「この おふだが あると わるものが てんごくへ はいれないのさ」


 
 

 
 
 

 
Rimg0018

てんごくって どんなとこだろう・・・


 
 

 
 

Pict0154

こんなだったら やだな・・・

 
 

 
 


 
Pict0141

「このあたりで とんねるの そとに でるよ」

 
「えー? まだ さきが あるよ・・・」

 
「かっぱくんの てんごくは とちゅうに あるのさ」

 
「とちゅう なの?」


 
 
 
 

 


Pict0230

「この ちかくだと おもうんだけどな」

 
「きれいな とこ だね」

 
 
 
 

 
Pict0226


「あのひとも てんごくを さがしてるの?」

 
「てんごくは すぐそばに あるのに なかなか きづかない ものなのさ」


「ふ~ん」

 
 

 


 
Pict0212

「やや ついに みつけたぞ!」


「えっ・・・」


 
 
 
 

 

Pict0216


「ほら! ここが かっぱくんの てんごくさ」


「!・・・」


 


にっき5へ つづく
  
 
 


|
|

« かっぱくんの なつやすみ にっき 3 | トップページ | かっぱくんの なつやすみ にっき 5 »

かっぱくんとあひるさん」カテゴリの記事

コメント

堪能しました。電通のお経が書かれた(笑)鳥居!
この、果てしなくつづく鳥居トンネルは、なんという名所なんですか?

渋い天国旅館=寺田屋にもしびれました。

青森には、黄桜天国もあるのか!(驚)

投稿: チャーリー | 2010年9月25日 (土) 07時18分

>チャーリーさま

あひるさんによれば、「てんごくへのとんねる」ということですが、一説では、ふしみというあたりかもしれない、という気もします。
青森ではないらしいです。

投稿: 田中真知 | 2010年9月25日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かっぱくんの なつやすみ にっき 3 | トップページ | かっぱくんの なつやすみ にっき 5 »