フォト

田中真知の本&CD


  • 美しいをさがす旅にでよう (地球のカタチ)

  • Kodokunatori170pix_3

  • Omm2

  • Photo_4

  • Korean_version_2    「へんな毒すごい毒」   韓国語版

  • 転生―古代エジプトから甦った女考古学者

  • 21fc6g6ue9l

  • 494770230309mzzzzzzz

  • アフリカ旅物語 中南部編

  • へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス)

最近のトラックバック

« 見ていたのに見えていなかったもの | トップページ | 陸前高田被災地訪問の記 1(なにを持っていったか、なにが必要とされるのか) »

ハピドラムでサクラ

気がつけば、桜が満開だ。あまり桜を味わえる気分でもないのだけれど、やはり風に枝葉を揺らす桜の花はいい。なので、ちょっと桜の曲を即興的に弾いて(たたいて)みた。YouTubeに動画をアップするというのも初めてやってみた。



抱えているまるっこいものは、ハピドラム(Hapi Drum)という鉄でできた楽器。2008年にアメリカで発明されたもので、たまたま当時ホームページで見つけて、サンプルの音を聞いて、これはいい音だと感激した。ちょっと高かったけど、買おうと思っていたバーバリーのコートをやめてユニクロにすることにして注文。当時は注文生産だったらしく、届くのに3ヵ月くらいかかった。


新しい楽器なので奏法もとくに確立されていない。でも、それがよかった。ピアノや、あるいは民族楽器のような伝統のある楽器だと、先達にはかなわない。だけど、これなら伝統もメソッドもない。自分で好きなようにたたけるし、だれでもパイオニアになれる。


ひまなとき適当にポコポコたたいていて、案の定しばらくしたら飽きてしまって、部屋の隅で埃をかぶっていたのだけれど、行きづまったときとか、がっくりしたときなどにたたくと気がまぎれる。


ところが、行きづまったり、がっくりすることがだんだん多くなり、そうなるとたたく回数が増えてくる。そのうち1個では気がまぎれなくなった。これではいけない。そこで買おうと思っていたロンサカパXOのラムを「いいちこ」に変更することにして、もう1つスケールのちがうやつを購入。でも、エジプトの政変の頃から、またがっくりすることが多くなった。そこで行こうと思っていた帝国ホテルのディナーをガストに変えることにして、さらにもう一つ、スケールのちがうのを買った。落ち込む数だけハピドラムが増える。


ここでは紹介していないが、音程を変える方法や、音色を変える方法も考案した。自分では「すごい、これは画期的だ!」とおもったのだけど、この楽器をもっている知り合いがいないので自慢にもならない。


これだけだと音色が単調なので、これを叩きながらピアノを弾くというのもやってみたのだが、いまひとつうまくいかない。これを叩きながらディジュリドゥを吹くというのもちょっとトライしたのだが、これは息が続かずくらくらしてくる。最近、また心労が多いので、さらにもう一個増えてしまいそうでこわい。


« 見ていたのに見えていなかったもの | トップページ | 陸前高田被災地訪問の記 1(なにを持っていったか、なにが必要とされるのか) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

真知さん、どこまで多才なんですかあ~!!

ハピの音もいいし、さくらの曲にぴったりのアレンジです。

マリンバの安部圭子さんという人の「さくら」も聴いて見てください。

私もほしくなりました。
気がめいることも多いこのごろ。(涙)

「真を知る」ってお名前、あらためて深いですねえ・・。


>ゆうさま

ありがとうございます。打楽器奏者のゆうさまにそういってもらえると嬉しいです。こんどアサラトと合わせる機会があるといいですね。
安部圭子さんの「桜の幻影」HPで拝聴しました。どうやって叩いているのでしょう。さくらという曲は、あらためて聞くと、なんとも切なく沁みますね。

すご〜い♪素敵です。
(陸前高田より、こっちかよ〜ですけど。)
ホント真知さん多才ですね〜
もちろん、陸前高田の続編待っております。

>キャロさま

お久しぶりです。
ありがとうございます。
多才ではなく、たんに下手の横好きです。でも、ほめていただけると嬉しいです。いずれまたなにか披露しますね。

田中真知さま
はじめまして。
ハピドラムで検索してこのブログを
みつけました。(o^-^o)

私も、いろんな曲を弾きたくって
足りない音を足していったら、
ハピが3つになっちゃいました。
( ´艸`)

田中さんが編み出された
音程や音色を変える方法、
是非、教えてほしいです!
よろしくお願いします♪

>和泉もも香さま

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
和泉さまもハピドラムをお持ちなのですね。しかも3つも。

音程や音色の変え方については、まだ試行錯誤している段階です。
今後成果?をすこしずつ出していくつもりなので、ご参照ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見ていたのに見えていなかったもの | トップページ | 陸前高田被災地訪問の記 1(なにを持っていったか、なにが必要とされるのか) »

新刊


  • たまたまザイール、またコンゴ       「たまたまザイール、またコンゴ」(偕成社)

twitter

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

別ブログ


  • 年刊化阻止! Photo    Lady Gaga「 Judas」解読

写真家・横谷宣のご紹介

無料ブログはココログ