« 辻 佐保子さんのために、あるいは届かなかったキャンドル | トップページ | ポンガル@国分寺カフェスロー報告 »

あけましてハピドラム

年が明けました。遅ればせながら、今年はよい年になるといいですね。
 

正月は鎌倉の友人を訪ねる。彼は詩人の尾崎喜八の孫で、明月院にあるお祖父様の墓参りをしたあと、孫文の料理人から彼のお母様に伝えられたという白菜の冷菜をごちそうになる。

Rimg0026


白菜とごま油と鷹の爪と、あとなんだったっけな、白菜だけなのに、食卓に牡丹の花が咲いたみたいに見栄えがするうえ、おいしい。孫文はこういう料理を食べていたのかぁと感慨深く味わう。この料理は作曲家の武満徹にも喜ばれたらしく、武満家では「貧しい菜」と呼ばれて重宝されたという。


 
あと、こういうものもごちそうになった。
 

Rimg0025


詩人の草野心平は「火の車」というバーをやっていたそうだが、そこで出していたという卵の黄身の味噌一夜漬け。バーを訪ねた尾崎喜八が、草野心平に「この料理に名前をつけてくれ」といわれて、つけた名前が「琥珀玉」。「火の車」といい、「貧しい菜」といい、さすがネーミングが文学である。チャーリーさま、ありがとうございました。



ところで、ここで1/14に行われるあるイベントの告知をしようと思っていたのだけれど、例によってだらだらしているうちに予約がいっぱいになってしまって、告知しても、これからだと入ることのできなくなってしまったイベントの紹介をします。年の初めから、まぬけで申し訳ありません。


イベントというのは、国分寺のカフェスローというところで行われる「南インドのお祭り ポンガル」というもの。マサラワーラーという、いま人気沸騰中のインド料理ユニットが南インドの料理をふるまい、それを食べながら南インドの踊りや音楽を楽しむという企画。これにハピドラム奏者として出ることになった。


前にも書いたが、ハピドラムは2008年にアメリカで考案された創作楽器。鉄製で、お椀を二つ合わせたような形をしていて、表面に入った切れ込みを叩くと音が出る。豊かな倍音を含んだ、とても澄んだ音が出る(最後の方に動画を挙げた)。

Rimg0098

ただし、ハピドラムはインドとは関係ない。見た目や雰囲気が民族楽器風なので、なんとなく混ぜていただいた。ほかに出演するのはガタム(南インドの素焼きの壺をものずこいリズムで叩く)奏者の久野隆昭さんや、モールシン(南インドの口琴)奏者の竹原幸一さんといった南インド音楽の第一人者の方々なので、まったくもって場違いなのだが、そういう方たちをさしおいてトップバッターとして演奏する(前座、あるいは余興ともいう)。


せっかく出演するのだからと、ハピドラムの開発者に連絡をとって、最近できたという新製品を取り寄せることにした。ハピベルという名前で、通常のハピドラムとして使えるほか、バチで胴を叩くとドラのような深い音がする。縁をこするとチベットのシンギングボールのような澄んだ共鳴音がでる。1台3役のスグレモノというふれこみだった。


 
で、届いたのがこれである。

Rimg0083


 
 


スタンダードなハピドラムは二つのお椀を上下で合わせたような形をしているのだが、これはお椀が一個だけで底がない。このため音が反響しないので、音量がとても小さい。また、縁をこするとシンギングボールのように共鳴するとのことだったが、実際にこすってみると縁がギザギザで、がびがびとした不器用な音しか出ない。

 
Rimg0090


 
 
 


この本体を支える台も付属していた。

Rimg0086


 
 

でも、これに本体をのせて、ちょっと強く叩くと台から転げ落ちてしまう。胴を叩いたときの音色も西洋人にとってはエキゾチックな響きかもしれないが、日本人にとっては合掌して、お経を唱えたくなる音であり、ちょっとイメージとちがった。そういう、いろんな意味で完成度がいまいちの新製品であった。


 
 

家人からは、「ねえ、これいくらで買ったの?」とつめよられるが、そういう無粋な質問はシカトして、自分で台をつくることにする。ホームセンターでテーブルの脚やドアの当たり止めのゴムなどを買い、なんとか組み合わせて、こんなものをつくった。ちょっと形が下品な気もしなくはないが、これで転げ落ちることはなくなった。


Rimg0091


 
 
 
これにさっきのハピベルをのせると、こうなる。毒キノコみたいでもある。

5

 


ハピドラムの音というのは、そのままだととても澄んでいる。それは、ちょうどカリンバやオルゴールのような蒸溜されたピュアな音である。しかし、カリンバの原型であるアフリカのムビラ(親指ピアノ)などでは、本体に王冠をくっつけたり、鍵盤?にブリキ片を巻いたり、音の出る孔に蜘蛛の卵の膜を貼ったりして、ジージーとか、ブーンというノイズが出るように工夫されている。
 

Rimg0093

 


このようなノイズは「サワリ」といわれ、日本の琵琶や三味線など東洋の楽器ではふつうに取り入れられている。西洋のクラシック音楽では、こうしたノイズをなるべく取り除いて、音を純化させる方向で楽器が進化してきた。それはキリスト教の影響とは無縁ではないだろう。


 

教会という空間は、世俗的なものを濾しとった聖なる場として存在している。そのため、そこに流れる音楽もまた世俗性(ノイズ)を除去したものでなくてはならなかった。西洋の音楽研究者がアフリカのムビラを、西洋人向けに商品化したとき、「サワリ」を取り除いてピュアな響きのカリンバとして売り出したのも、彼らにしてみれば自然なことだったのだ。


 

ハピドラムの音もそのままだと、ノイズのない癒し系の音なのだが、そのうちに物足りなくなってきて、「サワリ」を加えられないかと考えた。そこで、あれこれ工夫してみた。

 


けっこう効果的だったのは、これだ。家人の疲れ目対策のために、わかさ生活のブルーベリーアイというサプリメントを定期注文したとき、オマケについてきたマグネット式の「限定ブルブルくんシール」である。
 
 
Rimg0094

 
 

これをハピドラムに貼ると、なかなか味わいのある「サワリ」が発生することを発見した。ほかのシールも試して見たのだが、なんといってもブルブルくんシールが一番である。


 

しかし、ブルブルくんシールは5枚しかない。もっとほしいのだが、すでに定期注文しているのでこれ以上注文するわけにもいかない。そこで、ふとヤフーオークションをのぞいてみたら、あった! 何枚かまとめて購入。こういうものを出品する人がいることにも驚いたが、こういうことに使われるとは出品者も想像していないだろうな。

 

 
Rimg0095

 
最近、新たに考案した「さわり」を出す工夫は、これ。ホームセンターで見つけた「たいこ鋲」というのをスリットの間に留めてやる。こうするとブルブルくんシールよりも繊細なサワリが生ずる。画鋲とかいろいろ試してみたのだが、これがいちばんいい感じだった。
 

 
Rimg0096

そんな感じでイベントの紹介をして、よろしければ来てくださいとまとめようと思っていたのだけれど、そういうわけですみません。この前録ったものをあげておきます。カメラの位置が下すぎてしまいましたが。
 
 



|
|

« 辻 佐保子さんのために、あるいは届かなかったキャンドル | トップページ | ポンガル@国分寺カフェスロー報告 »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

この自作の台は正に「シヴァリンガ!!」
ハピドラムはインドと関係ないとはいえ、イベントに合わせて台をインドに関連付けてくれたのですね!!
ありがとうございます!(笑)

14日の演奏、楽しみにしています!!

投稿: 井生 明 | 2012年1月10日 (火) 20時50分

>井生明さま

おお、シヴァリンガ!!!
そ、そーなんですよ、も、もちろんそのつもりで作ったんです、ハイ。
当日はまわりに花を散らして、上からミルクをかけようと思ってます。

投稿: 田中真知 | 2012年1月11日 (水) 10時51分

すばらしい演奏です。当日が楽しみです。それにしても録音もすばらしいですね。動画からとてもきれいに響いてきます。

投稿: 元某旅行誌編集長 | 2012年1月11日 (水) 14時28分

>元某旅行誌編集長さま

ありがとうございます。
今回はマイクを変えたので、前よりよくなりました。
それでも、YouTubeにアップすると、その段階で音質がかなり劣化します。

当日はミニCDをつくって販売する、という予定もあるのですが、まだなにもやっていない。。。

投稿: 田中真知 | 2012年1月11日 (水) 18時37分

もう定員に達して締めきったんですね。ハピドラムは「おもしろ楽器」という紹介でしたが。

投稿: 元某旅行誌編集長 | 2012年1月12日 (木) 19時10分

>元某旅行誌編集長さま

正月で満員だったそうです。
おもしろ楽器、まあ、前座ですから。。。

投稿: 田中真知 | 2012年1月13日 (金) 09時01分

をを! プロフィ−ルのかっぱくんとあひるさんが!いつのまにか鶴岡八幡宮に!(驚)

また来年のお正月に、ぜひお2人でいらしてください!
たぶん、、、、同じ料理が出ます。(爆)

投稿: チャーリー(石黒敦彦) | 2012年1月18日 (水) 22時12分

>チャーリーさま

八幡宮の鳩みくじを引けばよかったといまだ後悔。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 田中真知 | 2012年1月20日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辻 佐保子さんのために、あるいは届かなかったキャンドル | トップページ | ポンガル@国分寺カフェスロー報告 »