« キンシャサでコンゴ本を読む | トップページ | アルジェリア人質事件について思うこと、あるいはサン=テグジュペリと不帰順砂漠 »

はつゆき (かっぱくんとあひるさん 19)

さむいと おもったら ゆきが ふっていた

 

 

 



はつゆきだ!

 

 


あたらしい ゆきは あなを あけると ちょっと あおく みえる

 

 

 

 

でも そばに ちかづくと また しろくなってしまう

 








ゆきって ふしぎだな・・・

 

 

 


あ あれは・・・

 

 

 

 

「やあ かっぱくん げんきかい」


「あひるさん こおりそう・・・」


「うもう きているから だいじょうぶさ」

 

 

 

 

「ゆきって どのくらい ふるのかな?」


「これまでに 8692042960598714938 つぶ ふりつもったね」


「どうして わかるの?」


「かんたんな さんすうさ」

 

 

 

 

「あのひとたち なにしているの?」


「ゆきを あつめているのさ」


「どうして?」


「ゆきの ふらない あついくにへ とどけてあげるのさ」

 
 

 

 

「あついくにって?」


「ろんどん みたいな とこさ」


「あの ふくろの なかには ゆきが はいっていたんだね!」

 

 

 

 

 
「ほら ろんどんに ゆきが とどいたよ」



「これで ろんどんの ひとも ゆきを たのしめるね」

 

 

ろんどんの ひとも かまくらや ゆきだるまを つくるかな・・・

 

 

 

「ここで まっていると ゆきだるまが あらわれるのさ」


「ほんと?」

 

 

 

 

 

「まだ・・・?」


「もう すこしさ」

 

 

 

 

「あひるさん ひょっとして・・・」


「かっぱくん かんが するどく なったね・・・」

 

 

 

 

 

〈おわり〉

|
|

« キンシャサでコンゴ本を読む | トップページ | アルジェリア人質事件について思うこと、あるいはサン=テグジュペリと不帰順砂漠 »

かっぱくんとあひるさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キンシャサでコンゴ本を読む | トップページ | アルジェリア人質事件について思うこと、あるいはサン=テグジュペリと不帰順砂漠 »