« 西牟田靖『本で床は抜けるのか』を読んだ | トップページ | 中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』のための、もう一つの解説 »

エジプト考古学者 河江肖剰東京講演会のお知らせ!

今回はとてもうれしいお知らせです。カイロに暮らしていた頃の友人で、いまはエジプト考古学者としてギザのピラミッド・エリアで調査にあたっている河江肖剰(かわえゆきのり)さんの東京講演会を、来たる6月6日(土曜日)に、なんとあひる商会と、まちかど倶楽部の主催で行います。河江さんは『世界ふしぎ発見』とか『世界一受けたい授業』などで新進イケメン考古学者<(;˘⊖˘)>として人気急上昇中ですが、東京での講演会はなかなかありませんでした。学研教育出版の協力を得て、会場は五反田の学研ホールです。


河江さんはピラミッド研究の世界的第一人者のマーク・レーナー教授の下、ギザのピラミッドをつくった労働者たちの町「ピラミッド・タウン」の発掘調査を10年以上にわたり行っています。3D計測など最新科学を駆使したピラミッド研究の最前線、そこから見えてきた新しいピラミッド像などについて、現地で撮影した貴重な映像をまじえながら、わかりやすく解説していただきます。

Dsc_1696


ピラミッドというと、いまだに謎や神秘といった形容詞にいろどられ、超古代文明とか宇宙人といった文脈で語られることも多いのですが、そうした「神秘」と実際の調査との関係などについても話していただけるとのこと。質疑応答や写真撮影(!)などの時間もとります。

Yk_32673

なんといっても、あひる商会がかかわるからには、ほかとはちがう講演会にします。当講演のために、河江さんが書き下ろしてくれたエッセイ、さらにほかでは読めないあひる商会代表(田中真知)による河江さん特別インタビューなどを収めた限定スペシャル・パンフレット(鋭意製作中)を参加者全員にもれなく配布いたします。なかなかない機会だと思いますので、エジプトやピラミッドに興味のある方はぜひふるってご参加ください。予約は以下からメールでお願いします。


講演タイトル


「ピラミッドのこと、すべてお話しします!」
~最新科学と先端調査が明かすピラミッドのいま~

日時:2015年6月6日(土)
開場:15:15 開演:16:00 終了予定:18:00
場所:学研ビル3階ホール  東京都品川区西五反田2-11-8
 (JR 山手線/東急 池上線/都営地下鉄 浅草線 五反田駅下車(A2 出口)徒歩5分)
講師:河江肖剰(エジプト考古学者)
料金:大人:3000円、高校生・大学生及びその他学生 1500円、小・中学生:無料
全自由席
企画・主催: あひる商会、まちかど倶楽部
協賛: 学研教育出版
後援: エジプト大使館
ご予約:machikadoclub.info@gmail.com (まちかど倶楽部)
件名を「河江肖剰講演会」として、予約人数・予約者全員のお名前・代表者の電話番号を明記の上、お申し込み下さい。


フェイスブックのイベントページもあります。↓
https://www.facebook.com/events/817988128296976/

Photo_2


|
|

« 西牟田靖『本で床は抜けるのか』を読んだ | トップページ | 中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』のための、もう一つの解説 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西牟田靖『本で床は抜けるのか』を読んだ | トップページ | 中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』のための、もう一つの解説 »