« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月

『たまたまザイール、またコンゴ』第一回斎藤茂太賞特別賞を受賞!

拙著『たまたまザイール、またコンゴ』(偕成社)が日本旅行作家協会の第一回斎藤茂太賞の特別賞にえらばれ、7月28日に目黒雅叙園で行われた授賞式に出てきました。正賞は菌類学者の星野保さんの『菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って』(岩波書店)。

Img_0154

日本旅行作家協会は1973年に創設され、精神科医でエッセイストで、大の旅好きであった斎藤茂太さんが会長をつとめてこられたそうです。2006年に斎藤さんが亡くなられた後は、あの兼高かおるさんが会長になられ、その後、退任されて現在は下重暁子さんが会長をつとめておられます。


斎藤茂太賞は「2015年に出版された紀行・旅行記、旅に関するエッセイ及びノンフィクション作品を対象」に、まず93冊をノミネート。そこから数次の審査を経て受賞作一作を決定するはずだったそうですが、わたしの『たまたまザイール・・』のために、急きょ「特別賞」がもうけられたそうで、ありがたいことに受賞のはこびとなりました。


旅にまつわる作品の賞というのは他にないそうで、これからも毎年、継続していくそうなので、コンゴが、いや今後が楽しみです。選考委員代表の椎名誠さんは、選考とは関係なく、何ヵ月前にすでに拙著を読んでくださっていたそうです。

Img_0159


会場には斎藤茂太さんのご一族の方々をはじめ、前会長の兼高かおるさん、ホキ徳田さんら、伝説的な方々がおられて、びっくりしました。星野保さんといっしょに写真を撮ったら、星野さんが粘菌シャーレを取り出したので(!!!)、わたしも旅のお供のかっぱくんとあひるさんを取り出した。


Img_0165



| | コメント (4)
|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »