« 【あひる商会トーク第5弾!】 中田考×浅川芳裕 「世界征服に役立つ中東怪人対談」のお知らせ | トップページ | あひる商会トーク第5弾「変わらないけど変わるアフリカ」早川千晶×田中真知 »

中田考×浅川芳裕「世界征服に役立つ中東怪人対談」はこんなかんじでした

昨日のあひる商会トーク・中田考×浅川芳裕「世界征服に役立つ中東怪人対談」に参加くださった皆さま、ありがとうございました。浅川さんは19歳でエジプトにやって来たとき、初めて会った中田さんにお金をもらったそうで、以来30年近くたって初めての対談。カオスのカイロ大学と中東生活を生きぬいてきた2人によるトーク。予想はしていましたが、多くの日本人がなんとなく信じている心地よくなまぬるい世界認識を容赦なくたたきこわし、なおかつユーモアに満ちたたいへん刺激的な話となりました。ほぼ満席。この場に居合わせた人たちは幸運でした。

Photo


要約ではないですが、以下、こんな話が出たという覚え書きーー「世界征服」というと悪の企みのように聞こえるが、中田さんは「秘密結社鷹の爪団」というアニメを例に、くだらない国境をなくして、だれもが自由に行き来できる世界をつくることが世界征服のコンセプトだといい、自由に移動する権利を認めずに人権なんてありえない、という。


浅川さんは、農業的にはすでに世界征服は完了しているという。地球上の3割を占める陸地のうち人間が居住可能な地域は70%、しかし実際に居住しているのはそのうちわずか1%。それ以外の7割が農地で、内7割が放牧地。その意味では世界に数十万位しかいない畜産農家が、ほぼ世界を征服しているといえるという。


それを受けて中田さんは馬で大帝国を築いたのはモンゴルであり、遠隔地貿易はラクダで行ったと述べる。日本には農業と商業は別物というイメージがあるが、中東のイスラーム文化は牧畜がベースであり、それが商業と結びついている。牧畜から商業に向かうプロセスが、日本の場合には欠けている。


日本の場合は水源を共有して、そこだけは協力するが、基本的には排他的。牛や馬は自分の土地を耕すために働かされる。一方、牧畜文化では馬や牛は移動手段であり交換される商品であり、日本のように農作業させるという発想はないこと。移動にともなって通行税が発生し、それが商業とも結びついていくといったことなど。


Img_4479


そこからイスラームやイスラエルの話になり、カリフ制でないものはイスラームではないので、その意味ではパレスチナもサウジもシリアも反イスラーム。どう考えてもいまのアラブ国家に比べればイスラエルのほうがましなので、とりあえずイスラエルがいまのアラブ国家を全部つぶして統治してしまうほうがいい。もともと聖書には大イスラエル主義というイラクからエジプトまではイスラエルという考え方がある。それにのっとってイスラエルがそれらの国々を占領すればイスラーム教徒だらけになってイスラエルは自然とユダヤ国家ではなくなること。


浅川さんも現在エルサレムのパレスチナ人でパレスチナ自治政府の支持者はごくわずかで、ほとんどがイスラエル国籍をとりたいと思っているという。パレスチナ問題が解決しないのは、国連の難民支援団体と欧米の人権活動家とパレスチナ自治政府が利権を分け合っている構造があるから。中田さんは、エルサレムはもともとイスラームの領域ではないこと、メッカやメディナとは性格が異なること。エルサレムを聖地に仕立て上げることがアラブ諸国の利権構造と結びついていることなどに言及。


そのほかカオスのカイロ大学のこと、日本で世界征服する鍵は森林にあること、しょぼい起業のこと、中東研究者の偽善のこと、カルロス・ゴーンのこと、種子法のこと、ISのこと、軍事政権とはどういうものかといったことなど話題は多岐にわたり、トラブルと不快感の嵐の中でさんざんもまれつづけることでグローバル人材が生まれ、それが世界征服に役立つという怒濤のお話でした。懇親会も盛況で、遅くまで、たてつづけの質問や歓談におつきあいくださった中田さん、浅川さんに深く感謝です。(;´Θ`)ノ

|

« 【あひる商会トーク第5弾!】 中田考×浅川芳裕 「世界征服に役立つ中東怪人対談」のお知らせ | トップページ | あひる商会トーク第5弾「変わらないけど変わるアフリカ」早川千晶×田中真知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【あひる商会トーク第5弾!】 中田考×浅川芳裕 「世界征服に役立つ中東怪人対談」のお知らせ | トップページ | あひる商会トーク第5弾「変わらないけど変わるアフリカ」早川千晶×田中真知 »