« 中田考×浅川芳裕「世界征服に役立つ中東怪人対談」はこんなかんじでした | トップページ | あひるトーク第6弾早川千晶「変わるアフリカ、変わらないアフリカ」はこんなかんじでした »

あひる商会トーク第5弾「変わらないけど変わるアフリカ」早川千晶×田中真知

今度のあひる商会トークは6月5日(水)。ケニアから早川千晶さんをお招きしてのトーク「変わらないけど変わるアフリカ」
です。早川さんはナイロビのキベラスラムで孤児のための学校マゴソスクールを運営し、スラムの生活向上プロジェクト、スタディツアー、そして20年にわたって毎年日本各地でアフリカトーク&ライブのツアーを行うなど、疲れを知らない活動をつづけておられます。
 
60358854_10214732882900654_2505854843004

 

私が、早川さんと知り合ったのは1990年代の初めのナイロビでした。20代半ばだった早川さんの内からあふれてくる活力に圧倒されたものですが、それから30年、その活力は落ち着くどころか、ますます、おおらかに、したたかに、骨太に満ちひろがり、そこからさまざまな果実が実りつづけています。

この30年、世界も大きく変わったとはいえ、あいかわらずアフリカといえば紛争、暴力、貧困、環境破壊、病気、政治的混乱といった暗い面ばかりが報じられがちな一方、「野生」とか「大地」とか「自然」とか「癒し」といった、妙に明るすぎる理想化されたイメージを投影されがちな面もあります。ある意味、紋切り型のこうしたイメージによって、逆に見えなくなっているものはないのか。

30年にわたってナイロビで、生活者として、外国人として、そして2人のお子さんの母として、早川さんがリアルに見てこられたものがなんなのか。そして、なにが変わっておらず、なにが変わりつつあるのか。ほかのイベントではあまり話さないような話題で、いまなおうねりつつあるアフリカのリアルを、ゆるく存分に語ってもらいたい思っていまい。平日ですが、ぜひ! (´Θ`)ノ
 
【日時】 6月5日(水)19時〜21時くらい(18時半開場) 
【場所】 楽道庵(神田 or 淡路町より徒歩5分) 東京都千代田区神田司町 2-16
【定員】 40名くらい
【参加費】 2500円(学生 1000円)
 終演後も会場は10時過ぎまで開いていますので、ご自由にご歓談を。おつまみとお茶や水など用意する予定。お酒、持ち込み可。会場でも販売検討します。
 
【申込み方法】(facebook経由とメール経由の2通りあり)
① facebookイベントページ「変わらないけど変わるアフリカ」の参加ボタンをクリック。
 
bozenkun@hotmail.comに「アフリカ希望」と書いて、お名前と参加人数をお知らせください。いずれも参加費は当日支払いです。
 
【早川千晶(はやかわ・ちあき)】
東京外国語大学ウルドゥ語専攻中退。世界放浪の旅の後、ケニアに定住。ケニア在住31年。 ナイロビ最大のキベラスラムで孤児のための学校「マゴソスクール」、ミリティーニ村でジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)主宰。マサイ民族、ドゥルマ民族など伝統文化を守り自然と共に生きる民族との交流に力を注ぎ、スタディツアーなどの企画を行っている。1999年から毎年、日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを行っている。著書に『アフリカ日和』(旅行人)。

|

« 中田考×浅川芳裕「世界征服に役立つ中東怪人対談」はこんなかんじでした | トップページ | あひるトーク第6弾早川千晶「変わるアフリカ、変わらないアフリカ」はこんなかんじでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中田考×浅川芳裕「世界征服に役立つ中東怪人対談」はこんなかんじでした | トップページ | あひるトーク第6弾早川千晶「変わるアフリカ、変わらないアフリカ」はこんなかんじでした »