かっぱくんとあひるさん

はつゆき (かっぱくんとあひるさん 19)

さむいと おもったら ゆきが ふっていた

 

 

 



はつゆきだ!

 

 


あたらしい ゆきは あなを あけると ちょっと あおく みえる

 

 

 

 

でも そばに ちかづくと また しろくなってしまう

 








ゆきって ふしぎだな・・・

 

 

 


あ あれは・・・

 

 

 

 

「やあ かっぱくん げんきかい」


「あひるさん こおりそう・・・」


「うもう きているから だいじょうぶさ」

 

 

 

 

「ゆきって どのくらい ふるのかな?」


「これまでに 8692042960598714938 つぶ ふりつもったね」


「どうして わかるの?」


「かんたんな さんすうさ」

 

 

 

 

「あのひとたち なにしているの?」


「ゆきを あつめているのさ」


「どうして?」


「ゆきの ふらない あついくにへ とどけてあげるのさ」

 
 

 

 

「あついくにって?」


「ろんどん みたいな とこさ」


「あの ふくろの なかには ゆきが はいっていたんだね!」

 

 

 

 

 
「ほら ろんどんに ゆきが とどいたよ」



「これで ろんどんの ひとも ゆきを たのしめるね」

 

 

ろんどんの ひとも かまくらや ゆきだるまを つくるかな・・・

 

 

 

「ここで まっていると ゆきだるまが あらわれるのさ」


「ほんと?」

 

 

 

 

 

「まだ・・・?」


「もう すこしさ」

 

 

 

 

「あひるさん ひょっとして・・・」


「かっぱくん かんが するどく なったね・・・」

 

 

 

 

 

〈おわり〉

| | コメント (0)
|

かっぱくんの おにいさん (かっぱくんとあひるさん 18)

さくらも さいて はるが きたのさ





ことしの はるは すこし みちに まよっていた みたいだね






こんどから はるにも ちずを もたせないとね





おや あれは かっぱくんだ





「やあ かっぱくん はるだねえ」

 

「・・・」




あ あれは・・・






「あひるさん!」

 

「あれ こっちにも かっぱくんが・・・?」





「どうして かっぱくんが ふたり いるのかな?」

 

「ぼくの おにいさん なんだ」

 

「かっぱくん おにいさんが いたの!?」

 

「うん」

 




「かっぱくんの おにいさん ちょっと くらいね」

 

「うん・・・」





「おにいさん おともだちの あひるさん だよ」

 

「・・・だまされる ものか・・・」





「おにいさん いつも あんな かんじなの?」

 

「うん・・・」

 

「ようするに ぜつぼう しているんだね」

 

「う〜ん・・・」

 

「それなら なぐさめて あげよう」

 





「やあ おにいさん はじめまして いい てんきだね」

 

「・・・しんじる ものか・・・」